きょう21日は、関東など東日本を中心に朝から気温・湿度ともに高く不快指数大。東京都心は昼前に30℃を超え、2日連続の真夏日に。熱中症のリスクが高いため、こまめに休憩や水分をとりましょう。

東京都心 2日連続の真夏日

きょう21日は、関東など東日本を中心に朝から気温・湿度ともに高いです。午前9時までの最低気温は、東京都心では22.2℃、埼玉県熊谷市では24.3℃と、今年一番の高さで、朝からかなり蒸し暑くなっています。

暖かい空気が流れ込んでいるため、雲が多くても気温はぐんぐん上がっています。東京都心では、昼前に最高気温が30℃を超え、2日連続の真夏日(最高気温30℃以上)となりました。また、大きな地震があった石川県金沢市では、午前10時台に最高気温が30℃を超えています。

きょうは、関東から東北で所々30℃以上の真夏日が予想されています。湿度も高いため熱中症のリスクが高いです。こまめに休憩や水分をとり、熱中症には十分に注意しましょう。

熱中症に注意

画像B

熱中症は、誰でも発症するおそれがあり、引き起こす条件は、大きく3つ挙げられます。

1つめは「環境による条件」です。その日の気温が高いだけでなく、急に暑くなった日や、熱波の襲来も危険です。また、湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件も、熱中症を引き起こします。締め切った室内や、エアコンがない所といった環境も、熱中症には特に注意が必要です。

2つめは「体による条件」です。高齢者や乳幼児、体に障害がある方は、周りの方が特に気をつけてあげてください。肥満や持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)のある方も、熱中症にかかるリスクが高まります。低栄養状態、脱水状態の方は、体にこもった熱を、効率良く体の外へ逃がせなくなるおそれがあります。二日酔いや寝不足などの体調不良でも、熱中症にかかりやすくなってしまいますので、ご注意ください。

3つめは「行動による条件」です。激しい運動をしたり、慣れない運動をしたりすると、体内で熱が発生しますが、その熱が体の中にこもったままだと、熱中症にかかりやすくなります。長い時間の屋外作業や、水分補給がしにくい状況も、熱中症を引き起こす原因になりますので、十分お気を付けください。