この先、梅雨前線は日本海まで北上、本州付近には真夏並みの暖気と湿った空気が流れ込み、曇りや雨でも30℃以上の真夏日続出。週末は、関東で最高気温35℃以上の猛暑日の所も。熱中症と大雨に警戒の一週間となりそうです。

あす22日にかけて 大雨に注意

画像A

あす22日にかけて、梅雨前線が西日本から東日本の太平洋側に停滞する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発となっています。

きょう21日の午前中は、九州や四国などで大雨となりました。九州や四国では大雨の峠は越えましたが、これまでの雨で地盤が緩んでいます。少しの雨でも土砂災害に注意が必要です。

今夜(21日)にかけて、大雨エリアは東へ移動。夜のはじめにかけては紀伊半島など近畿を中心に、今夜遅くからあす22日明け方にかけては、東海や関東を中心に1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。

【24時間予想雨量(あす夕方まで)多い所で】
東海地方・関東甲信地方 120ミリ

東海や関東の大雨のピークは、22日未明〜明け方ですが、朝の通勤・通学の時間帯は千葉県など東部で、本降りの所があるでしょう。日中は、関東の雨は小康状態となりますが、午後は山沿いを中心に所々で雨となりそうです。

梅雨前線 日本海まで北上

画像B

この先、24日から週末にかけては、梅雨前線が日本海から北日本まで北上。前線上の低気圧が北日本を通過する予想です。北海道や、東北〜九州にかけての日本海側は雨で、大雨のおそれがあります。

大きな地震があった石川県能登地方でも、雨量が多くなる予想です。地盤が緩んでいる可能性があるため、少しの雨でも土砂災害などに注意が必要です。むやみに家の裏山などには近づかないようにしましょう。

一方、関東など太平洋側では、週後半から晴れる日が多くなりますが、大気の状態は不安定。局地的に激しく降る、ゲリラ雷雨に注意が必要です。

真夏日続出 猛暑日の所も

画像C

全国的に曇りや雨でも気温は高く、九州〜東北にかけて最高気温30℃以上の真夏日続出となりそうです。特に、関東では、今週末は厳しい暑さとなりそうです。埼玉県熊谷市や群馬県前橋市などで最高気温35℃以上の猛暑日となり、東京都心でも34℃まで上がる予想です。

湿度も高いため、熱中症のリスクが非常に高くなります。こまめに休憩や水分を取り、熱中症には十分に注意しましょう。