きょう22日は、梅雨前線の影響で、東海や関東の沿岸部では午前中を中心に断続的に雨が降り、局地的に激しい雨が降るでしょう。土砂災害に注意・警戒をしてください。

太平洋側では激しい雨の降る所も

きょう22日は、梅雨前線が西日本から東日本の太平洋側に停滞するでしょう。この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、太平洋側を中心に大気の状態が不安定になるでしょう。

沖縄は午前中を中心に晴れますが、午後は雲が多く、雨の降る所がありそうです。奄美も晴れるでしょう。ただ、午前中は急な雨や雷雨に注意が必要です。

九州、中国、四国の雨は朝には止む所が多く、次第に天気が回復して晴れてくるでしょう。近畿は午前中を中心に雨が降るでしょう。東海、関東甲信は断続的に雨が降り、特に太平洋側沿岸部では朝の通勤・通学の時間帯までを中心に局地的に激しく降りそうです。東海の沿岸部では夕方まで活発な雨雲がかかりやすく、大雨になる所がありそうです。これまでの雨で地盤が緩み、土砂災害の危険が高まっている所がありますので、警戒をしてください。関東の山沿いでは午後は所々で雨雲が発達するでしょう。北陸は午後は雨の降る所が多く、局地的に強い雨や雷雨となりそうです。

一方、東北は日本海側を中心に晴れる所が多いでしょう。太平洋側は夜は所々で雨が降りそうです。北海道は昼頃に晴れ間の出る所もありますが、雲が多く、雨の降る所があるでしょう。

最高気温 30℃以上の真夏日も 関東はきのうより低いがムシムシ

きょう22日の最高気温は、全国的に平年並みか高いでしょう。九州から東北にかけて30℃以上の真夏日の所がありそうです。7月並みの所が多く、秋田などでは真夏並みの気温になるでしょう。こまめな水分補給を心掛け、熱中症にならないようご注意ください。

一方、関東ではきのう21日よりも低くなりそうです。東京都心はおととい20日、きのう21日と2日連続で真夏日になりましたが、きょう22日は28℃くらいの予想です。湿度が高く、ムシムシと感じられるでしょう。