今朝(22日)にかけては、関東や東海の沿岸部に活発な雨雲がかかり、12時間雨量が100ミリを超えた所もあります。午後は内陸を中心に、急な激しい雨や雷雨に注意が必要です。

今朝にかけて 沿岸部は大雨の所も

梅雨前線が本州の南岸に停滞した影響で、昨夜(21日)から今朝(22日)にかけては、関東や東海の沿岸部に活発な雨雲がかかりました。きょう(22日)午前9時までの12時間雨量は、伊豆諸島の利島で131.0ミリ、静岡県石廊崎で132.5ミリ、静岡県御前崎で106.5ミリなど沿岸部では100ミリを超えるような大雨になった所もありました。

午後も急な強い雨や雷雨に注意

画像B

きょう(22日)正午現在も、東海を中心に所々で雨が降っています。

夕方から夜にかけては、東海や関東甲信の内陸を中心に大気の状態が不安定となり、1時間30ミリ以上の激しい雨や雷雨になる所もありそうです。沿岸部では、すでにまとまった雨が降っていますので土砂災害にご注意ください。また、落雷、突風など天気の急変にも十分注意してください。