関東甲信地方、明日は寒さが戻ります。春分の日は更に気温が下がり、冷たい雨や雪の一日に。内陸は積雪の恐れ。東京都心で雪が交じる可能性も。

寒さ対策を万全に

今日は、南から暖かい空気が流れ込んで、日差しが少ない割に気温が上がりました。広い範囲で15度を超えて、沿岸部は20度くらいまで上がった所もあります。
明日は一転して北風が吹いて、寒さが戻ります。西から延びてくる前線の影響で、午前を中心に雨でしょう。
明後日「春分の日」は、更に寒さが厳しくなります。本州の南岸を低気圧が進むため、各地で冷たい雨や雪となり、降り方の強まることもあるでしょう。北風も強まります。

春分の日 内陸は積雪に注意

冷たい雨や雪は、一日を通して続きます。
雪がしっかり積もりそう(大雪の恐れあり)なのは、長野と山梨の山沿いと、関東北部の山沿い、秩父から奥多摩、丹沢や箱根方面にかけてです。峠道の運転は冬装備が必要でしょう。
さらに、低気圧の進路や発達の度合いによっては、長野の平地や、甲府盆地、関東北部の平地も、気温の下がる朝晩を中心に雪になって、積もる所も出てきそうです。
関東南部の平地は雨が主体となりそうです。ただ、朝のうちは雪が交じる所もあり、東京都心で「桜に雪」となるかもしれません。
気温は、日中も6度〜8度くらいまでしか上がらないでしょう。真冬並みの寒さ対策が必要になりそうです。
なお、その先は天気が回復に向かって、快適な陽気に。週末は絶好の行楽日和、お花見日和となりそうです。