今後は前線が日本海側に延びるため、大雨と暑さに一層の警戒が必要です。24日(金)は発達する低気圧の影響で、北日本を中心に荒れた天気になる恐れがあり、週末は関東を中心に猛烈な暑さになりそうです。

24日(金) 北日本や九州で荒れた天気や大雨の恐れ 日本海側は気温も上昇

画像A

あす23日(木)は、梅雨前線の活動が弱まるため、西日本は晴れて、真夏日になる所が多いでしょう。関東や北日本は湿った空気の影響で、雨が降りやすくなりそうです。

24日(金)は、低気圧が発達しながら北海道に近づき、前線が日本海沿岸まで南下する見込みです。北日本は雨や南風が強まり、荒れた天気になる恐れがあります。一方、九州も北部を中心に前線に伴う発達した雨雲がかかり、大雨になる可能性があるため、今後の気象情報に十分ご注意ください。また、全国的に南から暖かく湿った空気が入るため、北陸など日本海側を中心にフェーン現象で気温が上がる見込みです。

24日(金) 北海道は大雨や強風の恐れ

画像B

北海道付近は、24日(金)から25日(土)にかけて、前線を伴った低気圧が発達しながら通過するでしょう。日本海側南部や太平洋側西部では、24日は断続的に激しい雨が降り、25日にかけて大雨となる所がありそうです。24時間雨量は多い所で100〜150ミリとなっています。また、日本海側南部では、24日は南東の風が海上で非常に強い見込みです。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、強風に十分注意してください。なお、低気圧や前線の動向によっては、警報級の大雨や暴風となるおそれがあります。

25日(土)以降 危険な暑さが続く

25日(土)から26日(日)にかけては、前線が日本海をゆっくりと南下し、陸地に近づくため、日本海側を中心に雨が降るでしょう。一方、東日本は前線の南側で、真夏の空気に覆われる見込みです。真夏日の地点は、これまで以上に増える見込みで、特に関東の内陸部では35度以上の猛暑日になる所もありそうです。熱中症予防など、健康管理に十分ご注意ください。