向こう1か月は、気温が平年より高く、蒸し暑くなる日もある見込みです。また、梅雨前線の影響を受ける日が出てくる可能性もあります。最新の1か月予報をもとに予想される天候の特徴をまとめました。

1週目(6月25日〜7月1日) 明日は大雨や荒れた天気に。暴風に警戒

今日(23日)、札幌管区気象台から向こう1か月の見通しが発表されました。
明日の北海道は、低気圧からのびる前線がかかり、気圧の傾きが大きくなります。全道広い範囲で雨が降り、道南方面を中心に雨脚が強まって、1時間に30ミリと激しい雨の降る恐れがあります。明日の夕方までの24時間で降る雨の量は、多い所で100ミリから150ミリの見込みです。大雨による低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水などは十分な注意が必要です。また、風も強まるため、特に日本海側南部では午前中は暴風に警戒してください。

25日には天気が回復し、日中は晴れ間の戻る所が多くなり、風も次第におさまるでしょう。その後はすっきり晴れる、というよりは雲の広がりやすい天気となる日が多い見込みです。
なお、週末からは気温がぐっと上がります。内陸では最高気温が30度前後まで上がる所もあり、今年一番の暑さになる所も出てきそうです。6月前半の気温がやや低めだったために、まだ体が暑さに慣れていない中で、急に気温が高くなると、熱中症の危険も高くなってしまいます。万全な暑さ対策を心がけるようにしてください。

2週目(7月2日〜8日) 蒸し暑く、寝苦しい夜も?

日本海側の天気は数日の周期で変わり、オホーツク海側と太平洋側は曇りの日が多くなる見込みです。太平洋側では霧がかかることもあるでしょう。少ない日差しを有効に使えるとよさそうです。
また、気温は平年より高めで、真夏並みの暑さとなる日もある見込みです。また、湿った空気が流れ込むと北海道らしくない蒸し暑さになることも考えられます。エアコンや扇風機を活用したりなど、熱中症には十分に注意してください。

3〜4週目(7月9日〜22日) 暑さは厳しく、前線の影響を受ける日も?

画像C

引き続き天気は数日の周期で変わり、太平洋側などでは雲や霧のかかる日が多いでしょう。
この頃になると、本州方面の梅雨前線が北海道の北まで北上する日も出てくる可能性があります。そうなると、日本海側北部を中心に曇りや雨の天気となり、日差しが少なくなりそうです。また、前線に向かって暖かい空気が南から流れ込むため、気温は全道的に平年並みか高く、まだまだ暑い日が多くなりそうです。日々、万全な暑さ対策を行って、体調を崩さないよう注意してください。

なお、7月の北海道は、あじさいの季節でもあります。(地域によっては8月、という所もありますが…) 主な都市のあじさいの開花平年日は、札幌7月16日、函館7月17日、旭川7月21日です。道内各所にあじさいの見られる観光地がありますが、季節のあじさいをゆっくり見に行くのも良いかもしれませんね。