メイン画像

太平洋高気圧の勢力が強く、東海地方は梅雨明け前から本格的な真夏が訪れています。きょうは、予想よりも朝から晴れた所が多く、各地で気温が上がりました。三重県南部の尾鷲市では、昼前に35.7℃を観測し、今シーズン初めての猛暑日になりました。

午後は天気の急変に注意

画像A

地上気温が上がったことで、大気の状態が非常に不安定になっています。現在も雨の降っている所があり、局地的に雨雲が発達しています。このあとも、竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨に注意してください。急に黒い雲が近付いたり、雷の音が聞こえたり、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内へ移動するなど、安全確保に努めましょう。

来週は日増しに気温が高くなる

画像B

向こう一週間は、晴れる日が多くなる見込みです。曇りマークが目立つ前半も、晴れ間はあり、厳しい蒸し暑さは変わらない見通しです。7月1日には、名古屋でも最高気温36度と、猛暑日が予想されています。東海地方は、早ければ来週、梅雨明けの発表があるかもしれません。夏にかけて、猛暑と水不足が心配です。