きょう25日(土)、午後1時過ぎ、群馬県前橋市で最高気温が39℃を超え、今年全国で一番の暑さとなりました。東京都心では観測史上最も早い猛暑日を記録しました。関東各地で危険な暑さとなっています。この先もしばらく厳しい暑さが続くため、熱中症に厳重な警戒が必要です。

あす26日(日)も猛烈な暑さ

画像A

あす26日(日)も関東地方は、強い日差しが照り付けて、厳しい暑さになるでしょう。
関東の内陸部を中心に最高気温が35℃以上の猛暑日となり、熊谷市は38℃、前橋市は37℃などと、体温並みの暑さが続く所がありそうです。
東京都心は、猛暑日に迫る暑さが予想されるなど、南部でも高温が続く見込みです。

週明けも慣れない酷暑で熱中症の恐れ

画像B

27日(月)も、気温の高い状態が続くでしょう。
特に、週末暑さを避けて過ごされていた方は、月曜日に屋外で過ごされる場合など熱中症にかかるリスクが高まります。
屋外での活動などは、無理をせず、意識的に水分補給を行うなど、なるべく暑さを避けるようにしてお過ごしください。

28日(火)、29日(水)は雨や曇りの天気となるものの、気温は下がりにくいでしょう。

30日(木)から、太平洋高気圧がこれまでより一段と強まる見込みです。
各地で体に堪える暑さになりそうです。
夜の気温が25℃以上の熱帯夜が増えるなど、日中だけでなく、夜間も気温が高い日が続く見込みです。
就寝前にも水分補給を行ったり、就寝時にもエアコンを使用するなど、時間帯を問わず、熱中症に十分に気を付けてお過ごしください。

熱中症を引き起こす条件

画像C

熱中症は、誰でも発症するおそれがあり、引き起こす条件は、大きく3つ挙げられます。

1つめは「環境による条件」です。その日の気温が高いだけでなく、急に暑くなった日や、熱波の襲来も危険です。また、湿度が高い、風が弱い、日差しが強いといった気象条件も、熱中症を引き起こします。締め切った室内や、エアコンがない所といった環境も、熱中症には特に注意が必要です。

2つめは「体による条件」です。高齢者や乳幼児、体に障害がある方は、周りの方が特に気をつけてあげてください。肥満や持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)のある方も、熱中症にかかるリスクが高まります。低栄養状態、脱水状態の方は、体にこもった熱を、効率良く体の外へ逃がせなくなるおそれがあります。二日酔いや寝不足などの体調不良でも、熱中症にかかりやすくなってしまいますので、ご注意ください。

3つめは「行動による条件」です。激しい運動をしたり、慣れない運動をしたりすると、体内で熱が発生しますが、その熱が体の中にこもったままだと、熱中症にかかりやすくなります。長い時間の屋外作業や、水分補給がしにくい状況も、熱中症を引き起こす原因になりますので、十分お気を付けください。

熱中症予防

画像D

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

①日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。

②できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。

③エアコン使用中も、こまめな換気を行いましょう。換気のためには、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気をしたら、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。