あす27日にかけて、広く大気の状態が不安定でしょう。所々で雨雲や雷雲が発生する見込みです。雷雲の周辺では竜巻などの突風が発生することがあります。あす27日は北海道や東北では局地的に大雨の恐れがあります。

九州〜東海・関東北部 26日夜遅くにかけて局地的に雨や雷雨 激しい雨も

きょう26日は、本州付近に南西から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。上空5500メートル付近では、マイナス6℃以下の寒気が本州付近に流れ込んでおり、地上付近との気温の差が大きくなっています。このため、大気の状態が不安定になっています。九州から東海、関東北部では、26日夜遅くにかけて、急に雷を伴って、強い雨が降る所がある見込みです。激しい雨が降り、道路が川のようになることもあるでしょう。
北陸も、夜遅くにかけて雨や雷雨の所がある見込みです。

東北や北海道は、26日夜は次第に広く雨が降り出すでしょう。雷が鳴り、雨脚が強まることもある見込みです。

図の落雷と雲放電とは:雷は大気中で大量の正負の電荷分離が起こり、放電する現象です。放電する際に発生する音が雷鳴で、光が電光です。雲と地上の間で発生する放電を対地放電、つまり落雷で、雲の中や雲と雲の間などで発生する放電を雲放電といいます。

27日 北海道・東北は局地的に大雨 午後は関東〜九州も所々で雨や雷雨

画像B

あす27日は、低気圧が北海道付近を通過するでしょう。低気圧に向かって、南西から暖かく湿った空気が流れ込みます。上空の寒気の流れ込みも続き、北海道や東北では、午前中から大気の状態が不安定でしょう。雷が鳴り、激しい雨が降る所がある見込みです。局地的に大雨になる恐れもあります。特に、東北北部の日本海側で午前中、北海道の太平洋側で午後、雨雲が発達しやすいでしょう。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒・注意してください。

関東から九州も、気温が上がる午後を中心に、大気の状態が不安定になります。あちらこちらで雨雲が発生するでしょう。晴れている地域でも、天気の急変に注意が必要です。雷が鳴り、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降ることもあるでしょう。

雷雲の周辺では、竜巻などの突風が発生する恐れもあります。発達した積乱雲が近づく兆しがあるときは、建物の中など、安全な場所に移動してください。

図の発雷確率とは:雷がどれだけ発生しやすいかを示したものです。オレンジから赤、紫と色ごとに確率が高くなります。