きょう27日(月)は、北海道と東北で大雨の恐れ。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意。北陸から九州は晴れても、午後は落雷や突風、局地的な激しい雨に注意。

画像A

きょう27日(月)は、北海道と東北は、低気圧や気圧の谷の影響を受ける見込みです。関東から九州にかけては、日本の南から張り出す太平洋高気圧に覆われますが、高気圧の周りから暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

北海道は広い範囲で雨や雷雨でしょう。太平洋側では激しく降る所もありそうです。東北は日本海側を中心に、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
あす28日(火)午前6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、 日本海側南部と太平洋側で50ミリ、東北日本海側で200ミリ、東北太平洋側で80ミリです。
大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。

関東は晴れますが、午後は内陸部を中心に、にわか雨や雷雨がありそうです。雹(ひょう)の降る恐れがありますので、農作物やビニールハウスなど農業施設の管理に注意してください。

北陸や東海、近畿から九州は、時々晴れる程度で雲が広がりやすく、午後は広い範囲で雨や雷雨があるでしょう。急な強い雨や落雷、竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

沖縄は晴れますが、夕方から夜にかけて雨の降る所があるでしょう。雷を伴うこともありそうです。

午後は広く落雷や突風の恐れ

画像B

きょう27日(月)は、晴れる地域でも、天気の急な変化に注意が必要です。

こちらの図は、きょう27日(月)15時の発雷確率の予想を表したものです。発雷確率が50%以上の所が多く、東北や関東甲信では80%以上の所もあります。

屋外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単に分かる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。