きょう28日(火)、九州北部・中国・四国・近畿・北陸が梅雨明け。九州から関東、北陸にかけて朝から夏空が広がり、危険な暑さになっています。熱中症に厳重な警戒が必要です。

九州〜関東、北陸で夏空と危険な暑さ

きのう27日(月)に梅雨明けした九州南部・東海・関東甲信に続き、きょう28日(火)、気象庁は「九州北部・中国・四国・近畿・北陸が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。各地とも統計開始以来、最も早い梅雨明けです。

九州から関東、北陸にかけて朝から夏空が広がり、危険な暑さになっています。
午前10時台には最高気温が35℃以上の猛暑日となった所もあり、午前11時までの最高気温は、愛知県豊田市で36.0℃、静岡県浜松市天竜区佐久間町で35.8℃、富山市で35.4℃まで上がりました。
千葉県市原市(牛久)では35.3℃と、関東南部でも猛暑日になった所があり、東京都心も午前11時までに33.8℃まで上がりました。

きょう28日(火)の予想最高気温

画像B

九州から関東、北陸はこのあとも強い日差しが照り付けて、ぐんぐん気温が上がる見込みです。

東海、北陸や、関東の内陸部は特に体温を上回るような危険な暑さとなるでしょう。
涼しい場所で過ごしたり、時間を決めて定期的に水分補給を行うなど、万全な熱中症対策が必要です。

きょう28日(火)も東京電力エリアでは、夕方の時間帯を中心に予備率が5%を下回る見込みのため、政府は「電力需給ひっ迫注意報」を継続して発表しています。
使用していない照明を消すなどの節電をしつつ、冷房は適切に使用し、暑さで体調を崩さないようお気をつけください。

熱中症の応急処置

画像C

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合は、次のような応急処置が必要です。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。
衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。
水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。
ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。