きょう30日も、前線が北日本に停滞。北海道や東北北部は曇りや雨で、東北北部では雨が強く降る所も。東北南部から九州、沖縄は大体晴れるが、局地的に雨雲や雷雲が湧いてくる。

前線の雨雲 東北北部に

画像A

きょう30日(木)は、前線が津軽海峡付近に停滞するでしょう。

この前線の北側にあたる北海道は、今朝は雨の範囲が狭まっており、日中はほとんどやむでしょう。ただ、きのう(29日)までの大雨の影響が残りそうです。川や用水路は、雨がやんでもしばらくは水位の高い状態が続くおそれがありますので、むやみに近づかないでください。
東北北部は雨が降ったりやんだりで、どしゃ降りになる所もあるでしょう。きのうまで、たびたび活発な雨雲がかかり、秋田県を中心に地盤の緩んでいる所があります。土砂災害に警戒が必要です。

東北南部から九州、沖縄 強い日差しが照り付ける

一方、東北南部や北陸、関東から西の地域は、太平洋高気圧の圏内。
広く晴れて、強い日差しが照り付けるでしょう。きょうも体にこたえる暑さで、熱中症対策が欠かせません。
気温が上がるにつれて、雨雲や雷雲が湧きやすくなってきます。
午後は山沿いを中心に所々でにわか雨や雷雨がありますので、空模様の変化に気を配ってください。