東京都心は、2日(土)正午過ぎに最高気温が35.2℃に達し、「8日連続の猛暑日」になりました。これは2015年の8日連続猛暑日(7月31日〜8月7日)と並んで、1875年の統計開始以来、最長タイ記録です。

東京都心 連続猛暑日記録 過去最長タイ

きょう2日(土)、東京都心では朝から強い日差しが照り付け、気温もぐんぐん上昇。正午過ぎには35.2℃に達し、「猛暑日(最高気温35℃以上)」になりました。これで「8日連続猛暑日」です。

これは2015年の猛暑日の連続記録1位(7月31日〜8月7日)と並んで、1875年の統計開始以来、最長記録です。

今年は記録的に早く梅雨明けし、異例の暑さが6月中から続いています。

来週は湿度アップ 熱中症には引き続き警戒

画像B

東京都心の予想最高気温は、あす3日以降は35℃以上の日はありません。ただ、湿った空気が流れ込みやすくなるため、曇りや雨の日が多く、湿度はこれまで以上に高くなるでしょう。

また、関東の内陸部では、あす3日以降も35℃くらいまで上がる日があり、猛烈な暑さです。

湿度が高いと、汗が乾きにくく、熱が体にこもりやすくなるため、熱中症にかかりやすい条件になります。たとえ猛暑日にならなくても、体調管理には十分な注意が必要です。