きょう4日、東京都心では12日ぶりに1.0ミリ以上の雨を観測しました。関東は、午後は東京都心も含めて、雨雲が発達しやすいでしょう。雷雨になることもある見込みです。

東京都心 12日ぶりに1.0ミリ以上の雨 猛烈な暑さは収まる見込み

きょう4日、本州付近には、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいます。関東は、午前中から雲が広がり、雨が降っている所があります。東京都心では、午前10時までで、日降水量は3.5ミリを観測しました。関東は、きのう3日まで高気圧に覆われて、強い日差しが照り付ける日が続いており、東京都心で1.0ミリ以上の雨を観測したのは、6月22日以来、12日ぶりです。

きのう3日まで、東京都心では、9日連続して最高気温が35℃以上の猛暑日になり、猛暑日の連続の過去最長の記録を更新しました。きょう4日の東京都心の最高気温は30℃以上の予想ですが、これまでのような猛烈な暑さは収まるでしょう。

関東 午後は大気の状態が不安定 雨雲発達しやすく雷雨も

画像B

関東付近の上空6000メートル付近には、マイナス6℃以下の寒気が流れ込む見込みです。午後は大気の状態が不安定になるでしょう。関東は、東京都心も含めて雨雲は発達しやすく、雷雨になることもある見込みです。激しい雨が降る所もあり、北部の山沿いでは非常に激しい雨が降ることもあるでしょう。局地的に大雨の恐れがあります。低い土地の浸水、河川の増水、土砂災害に注意、警戒してください。雷雲の周辺では突風が吹いたり、雹(ひょう)が降ることがあります。発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物の中など、安全な場所に移動してください。

発雷確率とは、雷がどれだけ発生しやすいかを示したものです。オレンジから赤、紫と色ごとに確率が高くなります。