この先、日差しがあっても急な雨や雷雨に注意。来週は太平洋側を中心に、すっきりしない日が多くなりそう。日差しが少なくても、最高気温は平年並みか高く、蒸し暑さが続く見込み。

7日〜13日の天気

台風4号から変わった低気圧は、あす7日から8日にかけて、関東の東の海上で動きが遅くなりそうです。7日は北海道と関東から近畿は大体晴れますが、上空の寒気や低気圧に向かって流れ込む、湿った空気の影響で大気の状態が不安定になるでしょう。急な雨や雷雨に注意が必要です。特に東海では激しく降る所があるでしょう。
8日から10日ごろにかけても関東から近畿を中心に日差しが期待できそうですが、天気の急変に注意が必要です。なお、9日は西日本で雨脚の強まる所がありそうです。予報が変わる可能性がありますので今後の情報にご注意ください。11日は東北から近畿は大体晴れますが、そのほかはすっきりしないでしょう。台風から変わった低気圧は8日から10日は三陸沖を北上し、11日には北海道に近づき、雨が降りそうです。12日と13日は雨の降る所が多い見込みです。

極端な猛暑はなさそうですが、最高気温は、平年並みか平年より高く、30℃以上の真夏日になる所が多いでしょう。東海から西では、最高気温35℃以上の猛暑日や35℃近くまで上がる所もありそうです。

14日〜19日の天気

画像B

14日以降、九州から北海道は曇りや雨の日が多いでしょう。すっきりとした夏空はなさそうです。16日から18日の三連休も東海を中心に雨が続きそうです。再び梅雨空のような天気が戻るでしょう。ただ、日差しが少ないわりには、最高気温は平年並みか平年より高く、九州から関東を中心に30℃以上の真夏日の所が多くなりそうです。三連休前後は、東京や名古屋では35℃くらいまで上がり、再び暑くなるでしょう。三連休のお出かけの際は雨具と熱中症対策を忘れずにお過ごしください。