しばらくは、晴れても急な雨や雷雨など、天気の急変に注意。関東から西では最高気温が30℃超えの日が続き、夜間も熱中症対策が欠かせません。

9日(土)〜15日(金) 局地的な大雨に注意

週末以降も夏空をもたらす高気圧は、日本付近への張り出しが弱い見込みです。変わりやすい天気が続き、晴れる所でも局地的にザッと強い雨が降ったり、雷が鳴ったりするでしょう。

あす9日(土)にかけては、九州や中国、四国を中心に低気圧の影響で、大雨になる所がありそうです。局地的には滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒してください。一方、関東や東北の太平洋側は、台風4号から変わった低気圧の影響で沿岸部を中心に所々で雨が降るでしょう。10日(日)には低気圧が東北付近まで北上し、雨の範囲が北に移りそうです。

その後、12日(火)〜13日(水)にかけては上空に寒気が流れ込むでしょう。雨雲が発達しやすくなり、短時間に激しい雨が降るなど、局地的な大雨に注意が必要です。

最高気温は平年並みか高い所が多く、九州から関東を中心に30℃以上の真夏日が続くでしょう。10日(日)の最高気温は、大阪で35℃、東京都心で34℃と、うだるような暑さになりそうです。喉が渇く前に水分をとり、冷房を使って涼しくするなど、暑さ対策を万全にしてお過ごしください。

16日(土)〜21日(木) 梅雨のような天気 湿度高く

画像B

16日(土)からの三連休、初日の16日(土)は本州を中心に雨や風が強まるおそれがあります。17日(日)は西から天気が回復するでしょう。ただ、日差しが戻っても天気の移り変わりが早く、19日(火)は再び広い範囲で雨が降りそうです。九州から東北南部は梅雨が戻ったかのように、すっきりしない天気の日が多いでしょう。

最高気温は平年並みか高い所が多いでしょう。九州から東北は、日差しがなくても気温が上がり、蒸し暑い日が続きそうです。湿度が高いことで、熱中症にかかるリスクが高くなります。日中だけでなく、夜間など気温が30℃を下回る時間帯でも、熱中症対策が欠かせません。寝る前にコップ一杯の水を飲むなど、習慣にすると良いでしょう。

熱中症予防のポイント

画像C

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。

② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。

③ 暑さを我慢せず、エアコンや扇風機を使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。