きょう11日(月)も各地で厳しい暑さ。広い範囲で熱中症「危険」レベルに。九州や沖縄では「熱中症警戒アラート」が発表されている地域も。室内でも、時間を決めてこまめに水分を補給するなど、万全の熱中症対策を。

東京都心は猛暑日の予想 熱中症「危険レベル」も

画像A

きょう11日(月)も、各地で平年より気温が高く、厳しい暑さが続く見込みです。

最高気温は、東京都心で35℃と猛暑日(最高気温が35℃以上)の予想で、体にこたえる暑さになるでしょう。新潟31℃、金沢や福岡、那覇は33℃、名古屋や大阪、広島、高知は32℃の予想です。湿度が高く、かなり蒸し暑くなるでしょう。

熱中症情報をみますと、東京都心や新潟、金沢、大阪、福岡など、「危険」レベルの所が多くなっています。湿度が高いと、汗が蒸発しにくく、体の中に熱がこもりやすくなるため、熱中症の危険度が高まります。衣服を工夫し、時間を決めて、意識してこまめに水分を補給するなど、熱中症対策を万全になさってください。

長崎県や熊本県など「熱中症警戒アラート」が発表

画像B

きょう11日(月)は、長崎県や熊本県、大分県、鹿児島県奄美地方、沖縄本島地方には、熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されるとして、「熱中症警戒アラート」が発表されています。

「熱中症警戒アラート」が発表されている地域では、いつも以上に、積極的に熱中症対策を心がけてください。外出はできるだけ控えて、昼夜を問わず、エアコンなど使用して、涼しい環境で過ごしましょう。特に、高齢者やお子さん、持病のある方などは、熱中症になりやすいため、特に注意が必要です。こまめな水分補給を心がける、夜間でも適切に冷房を使用するなど、周りの方が声かけをしましょう。

1日の中で気をつけたい熱中症予防のポイント

画像C

朝起きてから夜眠るまで、1日の中で熱中症に気をつけたい様々な場面があります。その日の温度・湿度など身の回りの環境を知り、自分の行動パターンに合わせた対策を行いましょう。

①起床時
疲労、睡眠不足、風邪、二日酔いなどで体調がすぐれないときは、1日無理をしないようにしましょう。また朝ごはんをしっかりと食べ、丈夫な体をつくることも大切な予防のポイントです。こまめに水分補給を行い、普段の食事から適度に塩分を摂るようにしましょう。

②外出中
帽子や日傘で直射日光を防ぎ、なるべく日かげを選んで歩きましょう。体調不良を感じる前から、こまめに休憩を取ることも大切です。また車で移動する場合には、冷房を入れて車内環境を涼しくしましょう。

③帰宅後
帰宅後、室内の温度・湿度が高くなっている場合には、冷房機器を適切に使用し室内を涼しくしましょう。汗をかいた服は着替え、冷房機器や冷却グッズなどで体を冷やして、体を休めてください。

④ 睡眠時
閉め切った室内では夜間でも室温が上がってしまう場合があります。適切に冷房機器を使用して、快適な睡眠環境を作ることが大切です。寝る前には水分補給を行い、枕元に飲料を置いておくと良いでしょう。