東海地方は、7月上旬はあちらこちらで雷雨となり、名古屋市や岐阜市では、平年の2倍以上の降水量となりました。この先も、しばらくは局地的な大雨に注意が必要です。

土日だけで 名古屋市で約100ミリの雨を観測

7月上旬は、天気も気温も目まぐるしく変化しました。
この土日だけでも、名古屋市では98.5ミリの雨を観測し、まとまった雨となりました。

名古屋市を見てみますと、7月上旬に1ミリ以上の雨を観測したのは、10日のうち6日で、雷日数は3日となっています。また、最高気温は、7月1日に38.4℃を観測し、猛烈な暑さとなったかと思えば、30℃に届かない日もあるなど、気温変化も大きくなりました。

7月上旬の主な地点の降水量は、名古屋は176.0ミリ(平年比235%)、岐阜は233.5ミリ(平年比207%)、高山は58.5ミリ(平年比56%)、津は56.5ミリ(平年比80%)、静岡は112.0ミリ(平年比89%)となっています。6月27日に早い梅雨明けとなった東海地方ですが、7月上旬は所々で平年を大きく上回る雨となりました。

週間天気 「戻り梅雨」 局地的な大雨に注意

画像B

あす12日以降、東海地方では、曇りや雨マークがずらりと並び、まるで梅雨が戻ったかのような天気となりそうです。

引き続き、日本付近への太平洋高気圧の張り出しが弱く、湿った空気が入りやすいでしょう。また、上空には寒気がたびたび流れ込み、大気の状態が不安定となりやすく、あちらこちらで、雨雲が発達しやすくなりそうです。日差しが出ても天気の急変に注意し、突然の土砂降りの雨に備え、雨雲を持っての外出を心がけて下さい。

あす12日の雨が強まる時間は!?

画像C

あす12日は、西から暖かく湿った空気が流れ込み、また、上空に寒気を伴った低気圧が日本海へ進む見込みです。東海地方では、一日を通して雨が降りやすいでしょう。特に、通学や通勤の時間帯と、午後に、雷を伴って局地的に雨脚が強まる所がありそうです。時間に余裕を持ってお出掛け下さい。名古屋市内でも、今夜日付が変わる頃から雨が降りだし、あす12日の夜にかけて雨が続きそうです。

ゲリラ豪雨に遭遇したら

画像D

この先も、天気が急変し、ゲリラ豪雨の恐れがあります。雷雲が近づいているサインは、「昼間なのに真っ黒い雲が近づく」、「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」、「急に冷たい風が吹く」です。外出先では、雨雲レーダーで自分のいる場所の雨雲の状況を確認し、危険を感じたら頑丈の建物内に避難するようにしましょう。

また、車を運転中の場合ですが、滝のように降る雨は視界不良になり、事故の危険性も高まります。私も、先日、名古屋市内で、道路が一気に川のようになる雨に遭遇しました。ワイパーを速く動かしても、かなり視界が悪いため、ライトを点灯させて安全な速度での走行を心がけています。少しでも危険を感じたら、一旦車を停めて休憩するなどして、雨雲が移動するのを待ちましょう。