メイン画像

きょう12日の関東は、午後になると平野部も含めて、あちらこちらで激しい雨。天気の急変に注意。

平野部にも発達した雨雲

画像A

きょう12日の関東地方は、昼頃から次第に雨の範囲が広がりそうです。夕方以降は、東京都心など平野部も含めて、広い範囲で雨が降るでしょう。ここ数日と違うのは、山沿いだけでなく、平野部でも雨脚が強まるという所です。

上空6000メートル付近に流れ込むマイナス6℃以下の寒気と、暖かく湿った空気の影響で大気の状態が不安定に。気温が上がる午後ほど雨雲が発達しやすいでしょう。特に夕方から夜にかけては、雷を伴った激しい雨が、どこで降ってもおかしくない状況になりそうです。関東北部では、滝のような非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。

朝から蒸し暑い 熱中症対策を

最高気温は28℃前後の所が多いでしょう。きのう11日より5℃以上低い所もありますが、平年並みの予想です。

午前6時の東京都心は、気温25.7℃、湿度83%と、朝からムシムシしています。このあと日差しがなくても気温が上がり、湿度は下がっても70%くらい。かなり蒸し暑く感じられるでしょう。

喉が渇く前に水分をとるなど、熱中症対策をしっかりしてください。

予想降水量

画像C

大気の不安定な状態は、あす13日にかけて続きそうです。予想以上に雨雲が発達した場合は警報級の大雨になる可能性があります。こまめに雨雲レーダーなどをチェックしてください。

【予想降水量】
1時間降水量(多い所)13日にかけて
関東北部 50ミリ
関東南部 40ミリ

24時間降水量(多い所)13日午前6時まで
関東北部 100ミリ
関東南部 80ミリ

低い土地の浸水や川の増水、土砂災害に注意、警戒してください。また落雷や突風、ヒョウにも注意が必要です。