15日から16日は、九州から近畿を中心に大雨になる恐れがあります。18日の海の日から19日も、広く雨の降り方に注意、警戒が必要になることも考えらえます。来週後半は、九州から近畿を中心に夏空が広がる可能性があります。

13日〜19日 戻り梅雨 度々大雨になる可能性も

画像A

来週中頃にかけて、太平洋高気圧の北への張り出しは弱いでしょう。オホーツク海付近に中心を持つ高気圧の勢力は強い見込みです。

あす13日は、上空6000メートル付近で、マイナス6℃以下の寒気が関東付近まで流れ込むでしょう。東海から東北付近を中心に大気の状態が不安定になる見込みです。
九州から近畿は晴れ間が出るでしょう。一方で、東海や北陸は所々で雨が降る見込みです。雷を伴う所があり、東海では激しく降ることもあるでしょう。関東は明け方まで雨や雷雨で、激しい雨が降る所もある見込みです。雨は、北部を中心に、夜にかけて降りやすいでしょう。東北は雨が降ったり止んだりで、南部では雷を伴って激しい雨が降る所がある見込みです。北海道は所々で雨が降り、雷が鳴ることもあるでしょう。

画像B

14日は、低気圧が前線を伴って、朝鮮半島付近から日本海に進む見込みです。低気圧は次第に不明瞭になりますが、前線が16日頃にかけて本州を通過するでしょう。低気圧や前線に向かって南西から暖かく湿った空気が流れ込みます。日本海の上空には寒気が流れ込み、前線の活動は活発になるでしょう。
14日から16日にかけて、全国的に雨が降る見込みです。雷が鳴ったり、雨脚が強まったりするでしょう。15日から16日は、九州から近畿を中心に降水量が多くなり、大雨の恐れがあります。

17日も、日本海の上空に寒気の流れ込みが続き、本州や北海道を中心に大気の状態が不安定でしょう。あちらこちらで雨や雷雨になる見込みです。

今のところの資料では、18日の海の日から19日頃、九州から本州付近に前線が延び、前線の活動が活発になる可能性があります。北海道付近には低気圧が近づく見込みです。広く雨が降り、雨脚が強まることがあるでしょう。気圧配置は、まるで梅雨末期です。大雨に注意、警戒が必要になることも考えられます。

ここ最近、今後もしばらく、雨や雨の強まるタイミングの予想は大変難しくなっています。今後も、こまめに気象情報をご確認ください。

20日〜25日 九州〜近畿を中心に夏空と猛暑が戻る可能性あり

画像D

20日から25日、この期間は、太平洋高気圧の北への張り出しは、西日本付近を中心に強まる見込みです。一方、北海道付近では気圧の谷の影響を受けやすいでしょう。
九州から近畿を中心に、この期間の後半になるかもしれませんが、次第に夏空が広がる可能性があります。太平洋高気圧の張り出しの程度によっては、東海から東北南部付近も晴れる日が多くなることも考えられます。北海道では曇りや雨の日が多くなる可能性がありますが、この期間の後半では晴れ間が出ることがあるでしょう。

20日から25日、この期間、西日本付近は、太平洋高気圧に覆われるばかりか、背の高い高気圧に覆われることを示す予測資料もあります。背の高い高気圧に覆われると、地上付近では空気が圧縮されて、気温が上がります。この場合は、九州から近畿、東海付近で、最高気温が35℃くらいまで上がる日が続くことがあるでしょう。