きょう13日(水)も大気の状態が不安定。北海道から東海にかけて、雨雲や雷雲が発達しやすい。山沿いや内陸を中心に、急に降る激しい雨、落雷、突風に注意。

きょうも 雨雲・雷雲が発達しやすい

きょう13日(水)も、日本付近に暖かく湿った空気が流れ込みます。上空には寒気が居座り、大気の不安定な状態が続くでしょう。
なお、きのう(12日)は、北海道(紋別地方)や埼玉県で、記録的短時間大雨情報が相次いで発表されるなど、北日本と東日本を中心に活発な雨雲がかかり、地盤の緩んでいる所や、増水している川があります。雨が一旦やんでも、しばらくは気の抜けない状況が続き、再び激しい雨が降って災害の危険度がさらに増すことも考えられます。きょうも、気象情報や避難に関する情報に留意しつつ、慎重な判断を心がけてください。
【各地の天気】
北海道は、昼頃から北部を中心に所々で雨や雷雨があるでしょう。
東北は一日雲が多く、ときおりザッと雨が降ります。午前、午後ともに、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。
関東甲信は、大雨のピークは過ぎつつあります。ただ、日中もあちらこちらで雨。夕方以降は、山沿いや内陸で、局地的に雷を伴い激しく降るでしょう。
北陸と東海は日差しが届きますが、午後は所々で雨や雷雨に。山沿いや内陸では激しく降るおそれもあります。
近畿と中国地方は、朝のうちは日本海側の一部で雨が降りますが、日中は晴れ間が広がってきます。
四国はおおむね晴れるでしょう。
九州と沖縄も強い日差しが照り付けます。ただ、午後はにわか雨の所もありそうです。

その先も大気の不安定な状態が続く

向こう一週間、気圧の谷や上空の寒気の影響で、雨雲が湧きやすく、15日(金)から16日(土)を中心に多くの所で雨脚が強まりそうです。同じような所で、集中的に激しい雨が降って、災害の危険度が急に高まるおそれもあります。
この先も、最新の気象情報、自治体からの避難に関する情報を、こまめにご確認ください。改めて、避難経路などを確認しておくことも大切です。

避難場所や避難経路 確認しておくポイントは

画像C

いざ、避難する場合に備えて、あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておくことは、とても大切です。その際、ポイントが3つあります。

①市町村が作成しているハザードマップや、地域防災計画を見て「自分の住む地域は、どのような災害のリスクがあるのか」「災害が発生した時の避難場所はどこか」「安全な避難経路はどこか」確認しておきましょう。その際、氾濫の恐れがある河川や、土砂災害の恐れがある所も確認しておくと、避難経路を決める時に役立ちます。また、自宅だけでなく、学校や職場など、よく立ち入る場所はどのような危険があるかも、家族で一緒に確認しておきましょう。

②浸水(冠水)した場合は、避難経路が限られてしまいます。事前に、複数の避難経路を確認しておきましょう。

③夜間は、昼間よりも、周囲の状況を把握しにくくなります。夜間の避難に備えて、建物など目印を決めて、避難経路を覚えておきましょう。

もしもの時に備えて、避難場所への避難経路を実際に歩いて、確認しておくのもおススメです。