来週にかけて、九州から東北は梅雨のような天気。梅雨末期のような大雨になるおそれも。3連休明けは、再び猛暑日になる所も。

14日(木)〜20日(水) 梅雨のような天気

画像A

あす14日(木)以降は、動きの遅い低気圧や前線の影響で雨の降る日が多いでしょう。気圧配置にあまり変化が見られず、影響が長引きそうです。すでに梅雨明けした九州から東北南部は、再び前線が停滞しやすくなり、梅雨が戻ったかのような天気が続くでしょう。

あす14日(木)の午後は、九州から関東の広い範囲で雨が降りそうです。大雨に警戒が必要な期間は、15日(金)〜17日(日)にかけて。15日(金)〜16日(土)は西日本を中心に、17日(日)は北日本でも雨の量が多くなるでしょう。

同じような場所で発達した雨雲がかかり続けて、梅雨末期のような大雨になるおそれがあります。前線の位置や風向きによって雨の降る範囲も変わりますので、雨雲レーダーなどで最新の情報を確認してください。

21日(木)〜26日(火)  夏本番? 猛烈な暑さも

画像B

21日(木)も広い範囲で雨が降りますが、22日(金)以降は夏空が期待できそうです。ただ、上空の寒気や湿った空気の影響を受ける日もあり、午後を中心に急にザッと雨が降ったり、雷がゴロゴロと鳴ったりするでしょう。沖縄や九州から関東は、連日のように最高気温30℃以上の真夏日となり、内陸部を中心に35℃以上の猛暑日の所もありそうです。水分をこまめにとり、冷房を使用するなど、熱中症対策が欠かせません。

一方、梅雨がない北海道は曇りや雨の日が多く、すっきりしない天気でしょう。最高気温は平年並みか平年より低く、日中の暑さはなさそうです。雨が降る日は、気温が朝からあまり上がらないでしょう。