関東甲信は、15日にかけて、雷を伴って激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。低い土地の浸水、河川の増水、土砂災害に注意・警戒してください。

関東甲信 今夜・15日にかけて局地的に大雨の恐れ

関東甲信地方では、きょう13日夜のはじめ頃にかけて、雷を伴って激しい雨が降り、大雨になる所があるでしょう。この状態は、あさって15日にかけて続く見込みです。
低い土地の浸水、河川の増水、土砂災害に注意、警戒してください。雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨になる可能性があります。

あす14日から15日にかけても、午後を中心に日本海を進む低気圧周辺の暖かく湿った空気や上空の寒気の影響により、大気の状態が不安定になるでしょう。

13日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
関東地方北部 30ミリ
関東地方南部 30ミリ
甲信地方   30ミリ
です。

14日に予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
関東地方北部 20ミリ
関東地方南部 20ミリ
甲信地方   25ミリ
です。

その後、14日18時から15日18時までに予想される24時間降水量は、多い所で、
関東地方北部 50から100ミリ
関東地方南部 50から100ミリ
甲信地方   50から100ミリ
です。

道路の冠水にも注意

画像E

1時間に30ミリ以上の雨が降ると、道路が川のようになることがあります。アンダーパスなど低い道路は冠水することがあるでしょう。車の運転なども注意が必要です。