明日14日(木)は、低気圧が山陰沖から北陸地方に近づくでしょう。低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が入り、北陸地方は大気の状態が非常に不安定になるでしょう。雷を伴った激しい雨の降る所があり、雨雲が予想以上に発達した場合は警報級の大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒してください。

低気圧が接近 低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定に

画像A

低気圧が黄海を南東へ進んでいます。明日14日(木)には日本海西部へ進み、次第に北陸地方に近づくでしょう。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。
北陸地方では、14日(木)昼過ぎから15日にかけて、雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所がある見込みです。この雨は、バケツをひっくり返したように降る雨で、道路が冠水する可能性のある降り方です。低い土地の浸水や河川の増水や氾濫、土砂災害に注意・警戒して下さい。

予想される雨量は?

画像B

北陸地方では、早い所では14日(木)昼前から雨が降り出すでしょう。昼過ぎから15日(金)朝にかけて、局地的に一時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。14日(木)18時までの24時間雨量は、福井県の多い所で80ミリ、その後15日(金)18時までの24時間雨量は、多い所で50〜100ミリの予想です。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒してください。また、落雷や突風にも注意してください。低気圧のコースによっては強い雨の範囲や量の予想が変わる可能性があります。最新情報に十分に注意してください。

三連休も不安定で局地的な大雨のおそれ 来週にかけては梅雨末期のような気圧配置に

画像C

日本付近には、3連休頃までは上空に寒気が流れ込みやすく、大気の不安定な状態が続くでしょう。特に、16日(土)は、上空6000メートル付近でマイナス8度前後の寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になるでしょう。一旦雨が収まっても油断禁物。急な強い雨や雷雨のおそれがあり、局地的な大雨のおそれがあります。
さらに、連休明けの19日(火)頃から来週の中頃にかけて、前線が北陸付近に停滞し、活動が活発となるでしょう。梅雨末期のような大雨となるおそれがあり、災害発生に警戒が必要です。ハザードマップを確認し、避難所や避難経路の確認を行いましょう。
その後も晴れ間の広がる日はあるものの、太平洋高気圧の勢力は北陸付近まで安定的に覆うほどには強まらず、スッキリしない天気が続くでしょう。北陸地方ではいわゆる夏空は月末までお預けとなりそうです。

画像D