今日14日は、沖縄や九州は最高気温が33℃前後まで上がり、厳しい暑さでしょう。熱中症警戒アラートが発表されている地域があります。中国、四国、北陸も最高気温が30℃以上の真夏日の所が多いでしょう。

沖縄や九州は体にこたえる暑さ

今日14日の最高気温は沖縄や九州では33℃前後まで上がり、真夏の暑さでしょう。湿度も高く、体にこたえる暑さとなりそうです。熱中症警戒アラートが、八重山地方、沖縄本島地方、奄美地方、鹿児島県、熊本県、長崎県に発表されています。こまめに水分をとり、室内では適切に冷房を使うなど、熱中対策を万全になってください。

中国、四国、北陸は最高気温が30℃以上の真夏日の所が多いでしょう。蒸し暑くなりますので、暑さで体調を崩さないようお気をつけください。

近畿、東海、関東は最高気温が30℃に届かない所が多いでしょう。平年より低くなりそうです。ただ、湿度は高く、ムシムシするでしょう。風通しのよい服装が良さそうです。

東北の太平洋側は日差しが届かず、最高気温は25℃くらいで、しのぎやすいでしょう。東北の日本海側や北海道は日差しが照り付けそうです。最高気温は27℃くらいまで上がり、30℃以上の所もあるでしょう。日傘や帽子で強い日差しを遮ると良さそうです。

熱中症警戒アラートとは

画像B

熱中症警戒アラートは、熱中症を予防することを目的に、環境省と気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。

熱中症警戒アラートを発表する基準は「暑さ指数(WBGT)」です。暑さ指数は「気温」「湿度」「輻射熱(地面や建物・体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます)」を取り入れた、暑さの厳しさを表す指標です。

この暑さ指数が、全国を58に分けた府県予報区等のどこかの地点で、「33」以上と予想した場合、熱中症警戒アラートが発表されます。熱中症警戒アラートが発表された所では、日頃から実施している熱中症対策を、普段以上に徹底することを心がけてください。