今日14日は、西日本や東日本で大気の状態が不安定になっています。朝は中国地方で激しい雨の降った所がありました。このあと、九州北部から東海、北陸は局地的な大雨となる恐れがあります。

激しい雨を観測

画像A

今日14日は、低気圧が朝鮮半島付近にあって、東へ進んでいます。低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、西日本や東日本では大気の状態が不安定になっています。

朝は中国地方で雨雲が発達し、1時間に広島県北広島町都志見で42.0ミリ(6時4分まで)、島根県浜田市三隅で40.0ミリ(4時16分まで)を観測するなど、激しい雨が降りました。

10時現在、四国や近畿、北陸を中心に雨雲がかかっています。

大気の不安定な状態が続く

画像B

このあと、低気圧は日本海を東へ進むでしょう。夜には前線が華北から九州を通り、東日本へのびる見込みです。

今夜にかけても西日本や東日本を中心に大気の不安定な状態が続くでしょう。九州北部から北陸では、雨や雷雨で雷を伴った激しい雨の降る所がありそうです。東海では午後は局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。大雨となる恐れがあり、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。

16日(土)にかけても低気圧や前線の影響で、西日本や東日本では大気の不安定な状態が続くでしょう。大雨に注意・警戒が必要です。