きょう15日、九州から東北にかけての広い範囲で梅雨末期のような大雨に警戒です。大気の状態が非常に不安定となり、局地的に滝のように非常に激しい雨や雷雨となるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒をしてください。

本州付近に前線 大気の状態が非常に不安定に

画像A

きょう15日は、低気圧が日本海中部でほとんど停滞し、前線が西日本から東日本に延びるでしょう。この低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、上空の寒気の影響もあり、九州から東北の大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

九州から東北の広い範囲で雨雲や雷雲が発達しやすく、低気圧や前線周辺だけでなく、離れた場所でも局地的に雨脚が強まったり、滝のように非常に激しい雨や雷雨となりそうです。まるで梅雨末期のような大雨に警戒が必要です。

広い範囲で雨 非常に激しく降る所も

画像B

九州は雨が断続的に降るでしょう。朝晩を中心に局地的に非常に激しい雨や雷雨となりそうです。

中国、四国、近畿は日中は晴れ間の出る所もありそうです。ただ、急に雨雲が発達し、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。空模様の変化にご注意ください。

東海や関東甲信、北陸、東北は断続的に雨が降るでしょう。午後を中心に局地的に非常に激しい雨が降ることもありそうです。

北海道は晴れる所もありますが、雲が多く、昼頃から雨の降る所が多いでしょう。

沖縄は夏空が広がりますが、昼頃から、にわか雨や雷雨の所がありそうです。

24時間に予想される降水量

画像C

あす16日午前6時までの24時間に予想される降水量は、多い所で
九州北部地方、九州南部           200ミリ
東北地方                  120ミリ
東海地方、関東甲信地方           100ミリ
中国地方、近畿地方、北陸地方         80ミリ

その後、17日6時までに予想される24時間雨量は、多い所で
東海地方             100から200ミリ
近畿地方、北海道地方       100から150ミリ
九州南部、中国地方、北陸地方、関東甲信地方、東北地方
50から100ミリです。

土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒をしてください。夜遅い時間にかけて、滝のような雨が降る所もあるため、こまめに自治体からの情報を確認して、危険を感じる前に早め早めに避難などの行動をするようにしてください。