あす土曜日16日からの3連休は、関東はぐずついた天気ですが、晴れ間もありそうです。海の日18日は、お出かけのできるチャンスですが、この先、真夏の暑さが戻るため熱中症に注意が必要です。

土曜・日曜はくもりや雨 月曜・海の日は貴重な晴れ間に

あす土曜日(16日)から月曜日・海の日(18日)にかけての関東の天気は、湿った空気の影響を受けやすい見込みです。
あす土曜日(16日)は、前線や湿った空気の影響を受け、一日を通して雨が降ったりやんだりで、おでかけにはあいにくの天気となりそうです。午後は、東京都心など関東南部でもカミナリを伴って激しく降る所があるでしょう。北部では、局地的に非常に激しい雨となりそうです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに注意・警戒が必要です。

あさって日曜日(17日)は、雨のピークは過ぎるものの、日本海の低気圧や前線の影響で、雲が広がりやすいでしょう。あちらこちらで雨が降りそうです。

月曜日・海の日(18日)は、前線が本州付近から離れるでしょう。雲が多めで、天気マークにはないものの、日中は日が差す時間もある見込みです。3連休中の貴重な晴れ間となりそうです。夜は、北部を中心に雨の降る所があるでしょう。

火曜〜 天気ぐずつく

来週火曜日(19日)から木曜日(21日)にかけては、また前線が本州付近に停滞する見通しで、関東は曇りや雨のぐずついた天気となりそうです。前線の活動が活発になった場合、雨の量が多くなる可能性もあります。最新の気象情報を確認するようにしてください。

曇りや雨の日が多く、まるで梅雨のような天気となっていますが、来週後半以降は太平洋高気圧が勢力を強める見込みです。夏らしい青空が広がるようになりそうです。

暑さが戻る 熱中症対策をしっかりと

ここ数日、関東は最高気温が30度に届かない日が続いていましたが、この先、夏の暑さが戻りそうです。
あさって日曜日(17日)は広く30度以上の真夏日となり、月曜日(18日)以降も30度以上の日が多いでしょう。厳しい暑さから解放されていたところに真夏の暑さが戻るため、体調を崩しやすくなります。熱中症には十分にご注意ください。

3連休 全国の天気は?

画像D

3連休で、遠くへのお出かけを予定されている方もいらっしゃると思います。
全国の天気をみると、あす土曜日(16日)は全国的に雨が降るでしょう。九州では、午前中までは線状降水帯が発生する可能性があり、大雨となるおそれがあります。午後は雨は次第にやんで、晴れ間が戻るでしょう。

あさって日曜日(17日)も、曇りや雨の所が多いですが、西日本では晴れ間の出る所がありそうです。東日本や西日本では、30度以上の真夏日となる所が多いでしょう。

月曜日・海の日(18日)は、低気圧や前線の影響で、西日本を中心に雨が降るでしょう。東日本と北日本も雲が広がりやすいですが、晴れ間の出る所もありそうです。