15日金曜夜〜16日土曜午前中は、九州北部地方と九州南部では、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があります。九州だけでなく、西〜北日本で、大雨となる所がありますので、早めの対策を心がけてください。

今夜から大雨に警戒 九州は「線状降水帯」発生のおそれ

画像A

15日金曜は、前線が華北から西日本を通って、東日本へのびています。この前線は、17日日曜にかけて、東北地方まで北上し、西日本では南下する見込みです。

この前線に向かって、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込むとともに、本州付近の上空約6000メートルには、氷点下6度以下の寒気が流れ込むため、西日本〜北日本では、17日日曜にかけて、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。

すでに、15日金曜は、西日本から東北地方では「非常に激しい雨」や「激しい雨」の降っている所があり、これまでの大雨により、土砂災害の危険度が高まっている所があります。

さらに、西日本では、16日土曜夜にかけて、東日本〜北日本では、17日日曜にかけて、雷を伴って「非常に激しい雨」や「激しい雨」が降り、大雨となる所がありそうです。

今回、特に危険なのが、九州です。

九州北部地方と九州南部では、15日金曜夜〜16日土曜午前中は「線状降水帯」が発生して、大雨災害の危険度が、急激に高まる可能性があります。

予想雨量は?

画像B

16日土曜18時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で
九州南部、九州北部地方           250ミリ
四国地方、近畿地方、東北地方        150ミリ
東海地方                  120ミリ
奄美地方、中国地方、北陸地方、関東甲信地方 100ミリ
北海道地方                  80ミリ
となっています。

雨は更に降り続き、その後、17日日曜18時までに予想される24時間雨量は、いずれも多い所で
東海地方、北海道地方       100から150ミリ
九州南部、北陸地方、関東甲信地方、東北地方 50から100ミリ
の見込みです。

特に九州北部地方と九州南部では、線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあり、記録的な大雨になることも考えられます。

避難できるうちに、なるべく早く安全な所へ移動するなど、対策を心がけてください。また、今回、「線状降水帯」予測の対象地域に、ご家族や親戚、友人などがお住まいの方は、そういった情報が出てるから注意してと、連絡してあげてください。

警戒すべきポイントは?

画像C

九州北部地方と九州南部では、15日金曜夜〜16日土曜午前中は、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に、厳重な警戒が必要です。「線状降水帯」が発生するのが、夜暗い時間からということで、今夜はガケや斜面から離れた部屋や、2階以上でお休みください。

その他の西日本では、16日土曜夜にかけて、東日本〜北日本では17日日曜にかけて、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。

また、西日本では16日土曜にかけて、東日本では17日日曜にかけて、落雷や竜巻などの激しい突風にも、注意が必要です。