メイン画像

きょう16日は、九州から北海道の広範囲で大雨に警戒を。午後は東海や関東でも非常に激しい雨の降る所がありそう。

朝にかけて 九州や東北で記録的雨量

画像A

きょう16日は、本州付近にのびる前線や低気圧に向かって流れ込む暖かく湿った空気、さらに上空には寒気と、雨雲が発達しやすい条件がそろいます。特に九州では、昨夜(15日)からきょう16日午前中にかけて線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があるとして、きのう15日、気象庁から情報が発表されました。

※線状降水帯は、雨雲が次々と発生し、発達しながら、風に乗って、同じような場所に流れ込むことで、大雨をもたらします。

きょう午前6時現在、九州南部には東西に連なる雨雲がかかっていて、朝にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降った所もあります。また東北の太平洋側にも発達した雨雲がかかり、宮城県では1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられるとして、きょう未明にかけて記録的短時間大雨情報が3回発表されました。

発達した雨雲 東へ

画像B

きょう16日は、九州から北海道まで広い範囲で雨が降りそうです。大気の非常に不安定な状態が続き、太平洋側を中心に雨の量が多くなるでしょう。

九州は大雨のピークは過ぎつつありますが、南部では午前9時頃まで局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。雨の降り方が弱まっても、大雨による災害に警戒してください。

四国は昼前にかけて、中国地方と近畿は夜にかけて雨脚が強まるでしょう。雷を伴った激しい雨の降る所がありそうです。紀伊半島では、昼頃から滝のような非常に激しい雨が降るでしょう。

東海や関東は、特に警戒が必要のは夕方以降です。短い時間でも非常に激しい雨が同じような場所で降って、急に周りの状況が悪くなるおそれがあります。予想以上に雨量が多くなる事も考えられますので、最新の情報を確認してください。

東北の太平洋側は、昼頃にかけて発達した雨雲が次々とかかるでしょう。午後はいったん雨が小康状態になっても、局地的には激しい雨が降り、大雨となりそうです。

予想降水量

画像C

【予想降水量】
あす17日午前6時までの24時間(多い所)
近畿・東海 150ミリ
東北・北海道 120ミリ
九州南部・関東甲信 100ミリ
中国地方・四国・北陸 80ミリ

あさって18日午前6時までの24時間(多い所)
北海道 100〜150ミリ
関東甲信・北陸・東北 50〜100ミリ
東海 およそ50ミリ

すでに大雨になっている所もあり、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また九州から関東甲信では、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。