きょう17日は、東日本と北日本で雨雲が発達しやすい状態が続きます。あす18日午前6時までの24時間降水量は、北海道の多い所で120ミリの予想。土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を。

午後ほど 大気の状態不安定

画像A

きょう17日も、前線や低気圧に向かって流れ込む暖かく湿った空気と上空の寒気の影響で、大気の不安定な状態が続くでしょう。午後6時の発雷確率(雷が発生する確率)は関東の内陸を中心に高くなっています。気温が上がる午後ほど確率が高く、雨雲が発達しやすい状態になるでしょう。

夜にかけて雨の範囲が広がるのが、北海道。太平洋側を中心に断続的に激しい雨が降り、大雨となるでしょう。同じような場所で激しい雨が降って、アッという間に道路が冠水したり、川が増水したりすることも考えられます。危険を感じたら早めに安全な場所に移動してください。

東北や北陸は雨が降ったりやんだりで、局地的に激しい雨が降りそうです。今朝は、東北の太平洋側の雨の降り方は落ち着いていますが、昼頃からは再び活発な雨雲がかかるでしょう。これまでの雨で地盤が緩んでいる所や増水した川がありますので、危険な場所には近づかないでください。

関東甲信は日差しが届きますが、所々で雨。変わりやすい天気になりそうです。午後は内陸部を中心に激しい雨や非常に激しい雨が降るでしょう。外のレジャーは空模様の変化に注意して、安全第一で楽しんでください。

前線が離れる東海から九州は、晴れ間も出ますが、急な雨や雷雨に注意してください。静岡県では、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があるため、少しの雨でも土砂災害の発生する可能性があります。崖など、危ない場所には近づかないでください。

予想降水量

画像B

【予想降水量】あす18日午前6時までの24時間(多い所)
北海道 120ミリ
関東甲信 100ミリ
北陸・東北 80ミリ
東海 60ミリ

土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。これまでに記録的な大雨となっている東北では土砂災害と河川の増水や氾濫に、東海では土砂災害に厳重に警戒してください。また、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうが降るおそれもあります。黒い雲が近づく、雷の音が聞こえる、急に冷たい風が吹くなど、天気急変のサインがあれば、安全な建物の中に移動しましょう。

最新の情報 どこを見たら 何がわかる?

画像C

最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。
②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。
③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。