きょう17日(日)は、九州から関東、北陸にかけて、湿度が高く、蒸し暑い。熱中症に「厳重警戒レベル」の所が多く、東京都心では「危険」レベルに。のどが渇く前に、こまめに水分の補給を。

各地で気温上昇 湿度が高く、体にこたえる暑さに

画像A

きょう17日(日)は、近畿や山陰、東海など、所々で晴れていて、気温が上昇しています。午後0時30分までの最高気温は、大阪府枚方市で32.7℃、京都市31.9℃、鳥取市31.3℃などとなっています。東京都心は27.8℃です。

午後はさらに気温が上がり、最高気温は、きのう16日(土)より高い所が多いでしょう。大阪と高知で32℃、東京都心と名古屋で31℃、新潟や福岡で30℃の予想です。東京都心では6日ぶりの真夏日(最高気温が30℃以上の日)となりそうです。

各地の熱中症情報をみますと、「厳重警戒」レベルの所が多く、東京都心と那覇は「危険」レベルとなっています。湿度が高く、体にこたえる暑さとなるため、室内でも、のどが渇く前にこまめに水分を補給するなど、万全の熱中長対策が必要です。

熱中症 応急処置のポイント

画像B

めまいや顔のほてり、たちくらみなど、熱中症の症状がみられたら、まず声をかけ、意識があることを確認します。意識がある場合には、すぐに応急処置をしてください。意識がない場合にはすぐに救急車を呼び、救急車が到着するまでの間に応急処置を始めてください。

応急処置のポイントは次の通りです。

・クーラーが効いた室内や車内に移動しましょう。屋外で、近くにそのような場所がない場合には、風通りのよい日かげに移動し安静にしましょう。

・衣服をゆるめて、体の熱を放出してください。太い血管が流れている両側の首筋、わき、足の付け根などを冷やすと良いでしょう。冷やすときは氷枕や保冷材などがあればそれらを使って、なければ皮膚に水をかけて、うちわや扇子などであおぐことでも体を冷やすことができます。

・水分と塩分を補給しましょう。できれば水分と塩分を同時に補給できる、スポーツドリンクなどを飲ませると良いでしょう。おう吐の症状が出ていたり意識がない場合は、誤って水分が気道に入る危険性があるので、むりやり水分を飲ませることはやめてください。