きょう18日の熱中症情報は、東京・福岡など「危険」レベルの所もあるでしょう。最高気温は、きのう17日と同じか高い所が多く、蒸し暑くなりそうです。「海の日」ですが、室内でも熱中症に警戒が必要です。

きょう18日の暑さ 特徴は?

画像A

きょう18日の最高気温は、きのう17日と同じか、高い所が多いでしょう。沖縄〜東北南部は30℃前後で、関東甲信を中心に、特に暑くなりそうです。

きょう18日の暑さの特徴は「気温だけでなく、湿度も高いこと」です。「湿度が高い」というのは、熱中症を引き起こす条件の一つです。不快な蒸し暑さの所が多くなりますので、熱中症に警戒が必要です。

熱中症情報を見ますと、東京都心・福岡・鹿児島・那覇は、一番上のレベルの「危険」、名古屋・大阪・新潟・金沢・広島・高知は「厳重警戒」となっています。

きょう18日は「海の日」ということで、海に行きたくなるような暑さになりそうですが、室内でも、熱中症の危険度が高まるおそれがあります。無理をしないで、熱中症対策を心がけてください。

熱中症予防のポイントは?

画像B

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。

② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。

③ 暑さを我慢せず、エアコンや扇風機を使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。