このところ日本付近は低気圧や前線の通り道となっていて、しばらく、気圧のアップダウンが大きくなりそうです。体調の変化にご注意ください。

あす21日(木) 低気圧接近で気圧急降下に注意

画像A

今月に入ってから次第に夏の太平洋高気圧の張り出しが弱まり、日本付近は低気圧や前線が通りやすくなっています。梅雨のような安定しない空模様も続いています。

あす21日(木)は、再び西から前線を伴った低気圧が近づく見込みです。その影響で、次第に気圧が下がる所が多く、東京、名古屋、福岡では影響度は「中」となっています。あさって22日(金)はさらに広い範囲で気圧が下がる見込みで、気圧低下に伴う頭痛、首や肩のこり、めまい、全身倦怠感、関節痛、低血圧などにご注意ください。

25日(月)も広く気圧ダウン 東京は影響度「大」か

画像B

その後、23日(土)は気圧が上がる所が多いですが、仙台は影響度「大」となっていて急上昇する見込みです。急激な気圧の変化により、体調を崩さないよう、十分ご注意ください。

25日(月)も再び次の低気圧が接近するため、気圧が下がる所が多くなる見込みです。特に東京や仙台は影響度が「大」となっていますので、症状が出る前に早めに対策をしましょう。