メイン画像

今週いっぱいは大雨への警戒を緩めることができません。しばらく、前線や低気圧の動向に注意が必要です。

しばらく大雨に警戒

画像A

低気圧や前線の影響で、あす19日からあさって20日にかけて、各地で雨が降りやすい見込みです。

湿った空気の流れ込む西日本では、前線の活動が活発化する予想です。九州を中心に、非常に激しい雨や雷雨となり、大雨となるおそれがあります。

特に雨が多く予想される九州南部では、多い所で、あす朝までに250ミリ。その後、あさっての朝にかけて、さらに200ミリから300ミリの雨が降る見込みです。三連休が明けても引き続き、土砂災害や川の増水などに警戒して下さい。

また、東日本や北日本でも雨の強まる所があります。宮城県などでは、これまでの大雨で地盤が緩んでいる所があるため、少しの雨でも注意が必要です。

今週後半も油断できず

画像B

今週後半も、日本付近は前線や低気圧の影響を受けやすい予想です。21日は西日本付近に低気圧が発生し、その後は少し発達しながら22日に東北付近に進む予想です。

低気圧の発達の動向によっては、西日本や北日本で大雨となる可能性があるため、今後も最新の気象情報を確認してください。