東北地方に雨雲がかかり、先日大雨となった宮城県は19日午後8時頃にかけて雨脚が強まる見込みです。今夜遅くからあす明け方は雨雲が北上し、北部3県を中心に局地的な激しい雨や雷雨になるでしょう。これまでの雨ですでに地盤の緩んでいる所があるため、土砂災害や川の増水などに引き続き警戒が必要です。22日(金)から23日(土)頃も次の低気圧の影響で再び大雨の恐れがあります。

宮城県 午後8時頃までが雨のピーク

画像A

低気圧が日本海を北東へ進み、そこから延びる前線が本州を北上中です。

このあと宮城県の雨のピークは午後8時頃にかけてで、北部や山沿いを中心に1時間に20ミリの強い雨の降る所があるでしょう。
宮城県内の雨はその後弱まり、日付が替わると福島県内と共にあがる所が多い見込みです。

東北北部と日本海側 今夜遅く〜あす明け方に激しい雨や雷雨

画像B

日本海側と東北北部の雨のピークは、今夜日付の替わる頃から20日明け方にかけての予想です。
20日未明にかけては北部3県にまたがる山沿いを中心に、明け方は東風のぶつかる岩手沿岸北部で大雨の恐れがあります。

【宮城県】少しの雨でも土砂災害など警戒 【北部3県・日本海側】就寝時間帯の大雨に十分注意

【予想 1時間降水量(〜20日・多い所)】
東北日本海側・太平洋側とも 40ミリ

【予想 24時間降水量(〜20日午後6時・多い所)
東北日本海側・太平洋側とも 80ミリ

宮城県を中心に、既に地盤の緩んでいる所があるため、土砂災害や川の増水・低い土地の浸水に引き続き警戒が必要です。
日本海側や東北北部では、雨のピークが就寝時間帯と重なり、特に、秋田県の大館・鹿角・小坂の周辺で雨量が多くなる見込みです。
崖の近くにお住いの方などは、崖から離れた2階以上で過ごすなど、十分にご注意ください。
発達した雨雲の下では、落雷や突風などにも注意が必要です。

次に雨が強まるのは 22日(金)〜23日(土)

画像D

東北地方は短い周期で雨が強まる見込みです。
次に雨が強まるのは、上空に寒気を伴った低気圧が日本海から近づく22日(金)〜23日(土)の予想です。
次の低気圧は動きが遅く、近づくタイミングやコースの予想に幅があるのが現状です。
ただ、低気圧に向かって三陸沖から暖かく湿った空気が流れ込むと、再び東北太平洋側でもまとまった雨になる可能性があります。
今後も最新の情報に注意をしてください。
また、日差しは少なくても湿度は高く、蒸し暑い日が多くなりそうです。復旧作業の際などは、こまめな水分補給を心がけてください。