きょう20日は前線が次第に九州付近を北上し、夕方まで雷を伴い一時激しい雨が降る所があるでしょう。あす21日、九州付近は暖湿空気の流れ込みが強まり、さらに大気の状態が不安定になり、局地的な大雨に警戒して下さい。

九州 20日夕方まで一時激しい雨

きょう20日未明から朝は、九州南部や熊本県付近に活発な雨雲がかかり、1時間雨量は鹿児島空港70.0ミリ、鹿児島県薩摩川内市の八重山49.0ミリ、鹿児島県出水市48.5ミリ、熊本県人吉市34.0ミリなど、非常に激しい雨や激しい雨が降りました。

20日午前11時現在、活発な雨雲のラインは長崎県南部から熊本県、宮崎県に延びています。

きょう20日は前線が次第に九州を北上する見込みです。前線に向かって流れ込む湿った空気の影響で、九州は熊本県を中心に夕方まで雷を伴い一時激しい雨が降る所があるでしょう。
これまでの大雨で地盤が緩んでいる所がありますので、土砂災害に警戒して下さい。河川の増水・氾濫、低地の浸水にもご注意下さい。

21日 局地的な大雨に警戒

画像B

あす21日は前線を伴った低気圧が黄海から朝鮮半島付近へ進む見込みです。このため、九州付近は暖かく湿った空気の流れ込みが強まり、大気の状態がさらに不安定になるでしょう。九州付近は雨雲が急発達しやすく、局地的な大雨になるおそれがありますので警戒して下さい。

また、九州北部の沿岸海上は南西の風がやや強まり、長崎県の海上は次第に波が高くなります。船舶は注意が必要です。

来週はようやく安定した夏空へ

画像C

22日(金)は天気が回復し、九州各地とも晴れますが、週末は湿った空気や気圧の谷の影響でにわか雨が降りやすく、不安定な天気になる見込みです。

来週26日(火)以降は、夏の太平洋高気圧の勢力が強まり、ようやく安定した夏空が広がるようになるでしょう。