きょう21日は、前線を伴った低気圧の影響で、九州や中国地方は雨や雷雨でしょう。激しい雨の降る所もありそうです。四国や近畿、東海、関東、北陸も天気が下り坂で、次第に雨や雷雨になるでしょう。

激しい雨に注意

画像A

きょう21日は、前線を伴った低気圧が西日本に近づくでしょう。前線や低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になりそうです。

九州と中国地方は昼頃から雨で、局地的に雷を伴って激しく降るでしょう。これまでの大雨により地盤の緩んでいる所もあります。土砂災害に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水に注意・警戒してください。雷や突風、ひょうにも注意が必要です。四国も午後は雨や雷雨となりそうです。近畿、東海、北陸は天気が下り坂で、夜は雨の降る所が多いでしょう。関東は雲が多く、午後は所々で雨や雷雨になりそうです。東北は雲の多いすっきりしない天気で、局地的に雨が降るでしょう。北海道は日中は大体晴れる見込みです。沖縄は強い日差しが照り付けますが、一部でにわか雨があるでしょう。

蒸し暑さ続く

画像B

最高気温は、平年並みか高い所が多いでしょう。

沖縄や九州、四国は34℃くらいの所が多く、厳しい暑さになりそうです。中国、近畿、東海は32℃くらいでしょう。関東は、きのう20日ほどは高くありませんが、広く真夏日で、湿度も高く、蒸し暑いでしょう。北陸や東北でも30℃くらいまで上がる所が多くなりそうです。北海道は27℃くらいでしょう。

気温に加えて、湿度も高いと熱中症リスクが高まります。特に、沖縄地方や九州南部・奄美地方、大分県、長崎県、愛媛県には熱中症警戒アラートが発表されています。熱中症対策を万全になさってください。こまめな水分補給を心がけ、室内では適切に冷房をお使いください。