関東は、きょう21日も雲が多く、午後は所々で雨や雷雨になるでしょう。あす22日は断続的に雨が降り、雷を伴って雨脚の強まる所もありそうです。

きょう21日 所々で雨や雷雨 蒸し暑く

きょう21日、関東は雲の多いすっきりしない天気で、午後は雨や雷雨の所があるでしょう。外出の際は折りたたみ傘があると良さそうです。

最高気温は30℃くらいで、きのう20日に比べると3℃前後低いでしょう。ただ、湿度は高く、不快な蒸し暑さになりそうです。引き続き、熱中症にご注意ください。

あす22日 断続的に雨

画像B

あす22日は、前線を伴った低気圧が日本海を進み、低気圧から延びる前線が関東付近を通過するでしょう。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になりそうです。

関東は雨が降ったりやんだりで、昼頃からは雷を伴って雨脚の強まる所もあるでしょう。北部では激しい雨の降る所もありそうです。アンダーパスなど低い道路の冠水にご注意ください。

最高気温は30℃くらいでしょう。猛烈な暑さはありませんが、湿気が多く、蒸し暑いでしょう。油断せずに暑さ対策をなさってください。

夏空が戻るのはいつ?

画像C

23日(土)は晴れて、強い日差しが照り付けるでしょう。洗濯物もよく乾きそうです。25日(月)と26日(火)も晴れ間が広がるでしょう。

日差しとともに暑さが厳しくなりそうです。最高気温は33℃くらいまで上がる日が多く、厳しい暑さになるでしょう。前橋では猛暑日になる日もありそうです。熱中症リスクが一段と高くなります。暑さで体調を崩さないようにお気をつけください。

熱中症予防のポイント

画像D

熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。

① 日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。
② できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。
③ 暑さを我慢せず、エアコンや扇風機を使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。

もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。