中国地方は14日からの雨量が西部で200ミリを超え、300ミリ近くになっている所もあります。あす22日にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。また、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があり、少しの雨でも土砂災害の危険度が高まるおそれがあるため、今後も最新の情報を確認してください。

降り始めからの雨量 300ミリ近くの所も

中国地方は降り始めからの雨量(7月14日から21日11時まで)が100ミリ以上の所がほとんどで、山口県や島根県西部、広島県西部で200ミリを超えている所があり、山口県の須佐では289.5ミリとなるなど、300ミリ近くになっている所もあります。

21日低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気の流れ込みが強まる

画像B

きょう21日は、前線を伴った低気圧が日本海を東へ進み、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっています。
断続的に雨が降り、局地的に雷を伴い激しく降るでしょう。

22日上空に寒気が流れ込み 大気の不安定な状態が続く

画像C

あす22日は明け方にかけて前線が中国地方を通過し、その後日本海から湿った空気が流れ込む見込みです。また、上空にも寒気が流れ込むため、大気の不安定な状態が続く見込みです。
山陰や山陽北部を中心に断続的に雨が降り、雷を伴う所があるでしょう。東部を中心に局地的に激しく降る見込みです。

少しの雨でも土砂災害の危険度が高まるおそれ

画像D

中国地方は22日にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。また、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があり、少しの雨でも土砂災害の危険度が高まるおそれがあります。
土砂災害に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水にも十分注意してください。