22日金曜は、関東北部で局地的に「滝のような雨」が降るでしょう。雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に、注意・警戒してください。

22日の関東 どんなイメージの雨が降る?

画像A

22日金曜の関東は、暖かく湿った空気が流れ込み、さらに日中は蒸し暑さが続くため、大気の状態が「非常に不安定」になるでしょう。

そのため、22日金曜朝から夜遅くにかけて、雷を伴った「強い雨」が降りそうです。関東北部では、局地的に「非常に激しい雨」が降るでしょう。

「非常に激しい雨」とは、1時間雨量が50ミリ以上80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

予想降水量は?

画像B

22日に予想される1時間降水量は、関東北部の多い所で50ミリ、21日18時から22日18時までに予想される24時間降水量は、関東北部の多い所で80ミリとなっています。

また、雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意・警戒が必要です。

もし 大雨になったら

画像C

今回は「発達した雨雲が、長く続く」というタイプの雨ではなく、「短い時間に、雨が急に強まる」といった降り方になるでしょう。局地的な大雨に遭遇したら、頑丈な建物に入り、最新の気象情報を確認する、地下・水辺から離れるなどの対応を心がけてください。

なお、最新の「気象情報」を入手するには、テレビやラジオなどの方法もありますが、インターネットで確認する場合、おすすめのチェックポイントが3つあります。

①雨雲レーダーをチェックしましょう。「今、どこで雨雲が発達しているのか」という実況だけでなく、「この後、雨雲がどこへ進むのか」という予想もわかります。自分のいる付近を拡大すれば、より詳しく知ることができます。

②雷レーダーをチェックしましょう。雨雲レーダーと同じように使えます。また、雷が予想されている所では、落雷だけでなく、竜巻などの突風の可能性も高まっていて、ひょうにも注意が必要です。

③注意報・警報をチェックしましょう。発表されている注意報・警報の種類によって、どんな現象に注意・警戒しなければならないか、わかります。注意警戒事項には、いつまで注意・警戒すべきか、ということも書いてあります。