きょう22日(金)は、中国地方から東北にかけて雨雲や雷雲が発達しやすい状況。道路が冠水するような激しい雨の降る所も。落雷や突風にも要注意。

低気圧が日本海を東進 南から暖かく湿った空気が流入

画像A

22日(金)は、前線を伴った低気圧が日本海を東進。この低気圧に向かうように、暖かく湿った空気が流れ込みます。
これらの影響で、中国地方から東北にかけて、雨雲や雷雲が発達しやすい状況。
所々で激しい雨が降り、道路が冠水するなど交通に影響が出る可能性があります。
また、ここ半月ほど、局地的な大雨が相次いでおり、地盤の緩んでいる所があります。きょうの激しい雨により、土砂災害の危険度がさらに増すことも考えられます。また、川や用水路は、たとえその場で雨が降っていなくても、上流や周辺で雨が強まることで急に流れが速くなるケースがありますので、むやみに近づかないようにしてください。落雷や突風、ひょうにも注意が必要です。

各地の天気

画像B

沖縄と九州、四国はおおむね晴れるでしょう。
中国地方と近畿も日差しが届きますが、所々でにわか雨や雷雨。日本海側では激しく降る所があるでしょう。
東海は朝のうちは曇りや雨。愛知や静岡を中心に、一部で雨脚が強まりそうです。昼頃からは次第に晴れ間が広がりますが、所々で雨雲や雷雲が発達するでしょう。
関東甲信と北陸は雲が広がりやすく、ザッと強い雨の降ることや、雷雨になることも。中でも関東北部では滝のような非常に激しい雨の降るおそれがあります。
東北は雨が降ったりやんだり。特に太平洋側では昼頃からときおり降り方が強まり、局地的に激しく降るでしょう。
北海道は、昼頃までは大体晴れ。夕方以降は次第に雨となり、夜は太平洋側ほど雨脚が強まりそうです。