きょう22日(金)の関東甲信は、きのうより雨雲や雷雲が発達しやすくなりそう。晴れ間が出ても、突然の雨や落雷に要注意。関東北部では滝のような非常に激しい雨の降る所も。

今朝晴れている所も 傘が必要に

画像A

きょう22日は、日本海を低気圧が東進し、この低気圧から延びる前線が本州を通過。低気圧や前線に向かうように、南から暖かく湿った空気が流れ込みます。
午前7時30分の気象レーダーの画像を見ると、関東北部や甲信地方、静岡県に雨雲。雨雲の発達しやすいエリアは、次第に東へ広がるでしょう。

道路の冠水するような降り方も

画像B

関東南部は晴れ間が出ますが、ザッと雨の降ることも。特に雨の所が増えるのは昼前後の予想です。
関東北部や甲信地方は、午前9時頃まで広い範囲で雨。日中は雲を通して日の差すこともありますが、新たにあちらこちらで雨雲が湧いてくるでしょう。午後3時以降は、道路が川のようになるほどの激しい雨の降る可能性があり、関東北部では局地的に滝のような非常に激しい雨となりそうです。
道路が冠水するなど、交通に影響が出るおそれがあります。特にアンダーパスなど低い所を通る道路は、短い時間で水に浸かってしまう危険があるため、無理に通らずに迂回すると良さそうです。
また、落雷や突風にも注意が必要です。
「ヒンヤリした風が吹く」「ゴロゴロという音が聞こえてくる」といった雷雲接近のサインに気を配ってください。気象レーダーの雨雲のようすをこまめにチェックしておくのも、激しい雨や雷雨の回避に有効です。

暑さにも気を付けて

日中の気温は、きょうも広く30℃を超える予想で、35℃くらいまで上がる所もあるでしょう。
ノドが渇く前に、こまめに水分を摂るなど、熱中症対策を万全になさってください。たくさん汗をかいたら、経口補水液などで適度に塩分を摂ることも大切です。