きょう22日(金)の朝は、静岡県で局地的に激しい雨が降り、北陸や東北でも本降りの雨に。本州では、日中から夜にかけても大気の不安定な状態が続くため、急に強まる雨や落雷、突風に注意。道路が冠水するような激しい雨の降る所も。

今朝 静岡県で雨雲発達 北陸や東北も雨の範囲広がる

きょう22日(金)の朝は、東海や、関東甲信の内陸、北陸から東北にかけて広く雨となっています。
特に、静岡県では雨雲や雷雲が発達し、伊豆市小下田では午前8時45分までの1時間に40.0ミリと激しい雨を観測しました。また、石川県白山市河内と宮城県女川町で、ともに9時までの1時間に18.5ミリなど、北陸や東北もザーザー降りの雨の所があります。

本州 大気の不安定な状態が続く

画像B

日中から夜にかけて、中国地方から東北で大気の不安定な状態が続くでしょう。
いったん晴れても、急に降ってくる強い雨や、落雷、突風に注意が必要です。道路が冠水するような激しい雨が降るおそれもあります。特に、東北の太平洋側には断続的に活発な雨雲がかかるでしょう。
ここ半月ほど、連日のように大気の状態が不安定で、局地的な大雨が相次いでいます。これまでの雨で地盤の緩んでいる所があるうえに、激しい雨が降り、土砂災害の危険度がさらに増す地域もありそうです。雨の降り方や、最新の気象情報に留意し、慎重な行動を心がけてください。また、川や用水路は、たとえその場で雨が降っていなくても、上流や周辺で雨が強まることで急に流れが速くなるケースがありますので、むやみに近づかないようにしてください。