東北太平洋側では、岩手県大船渡市や宮城県気仙沼市など大雨となっている所があります。先週、記録的な大雨となった宮城県でも、局地的に雨量が多くなっています。今夜遅くにかけて、土砂災害などに警戒してください。また、23日(土)は日本海側を中心に大雨となる恐れがあります。今後の気象情報に注意が必要です。

現在の雨雲の実況

画像A

きょう22日午後5時現在、東北地方の広い範囲に雨雲がかかり、宮城県の牡鹿半島から岩手県沿岸南部で特に発達しています。
24時間降水量は岩手県大船渡市で100ミリ、宮城県石巻市雄勝で72.5ミリ、気仙沼市では66ミリなど雨量が多くなっています。

太平洋側では今夜はじめまで、日本海側でもあす23日(土)は大雨のおそれ

画像B

東北地方は日本海にある動きの遅い低気圧の影響で、あす23日(土)にかけて大気の不安定な状態が続くでしょう。

【雨と雷の予想】
東北地方では、雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所がある見込みです。

きょう22日からあす23日(土)にかけて予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 30ミリ
東北太平洋側 30ミリ

きょう22日18時からあす23日(土)までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
東北日本海側 80ミリ
東北太平洋側 60ミリ

三陸沖の活発な雨雲は、今夜にかけて東海上に抜ける見込みです。東北太平洋側では、今夜はじめにかけて雨が降る見込みです。岩手県大船渡市や宮城県気仙沼市など、局地的に大雨となっている所があります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒が必要です。河川や用水路、アンダーパス、斜面やガケには近づかないようにしてください。

あす23日(土)は、東北日本海側を中心に、雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となる恐れがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷や突風、ひょうによる農作物や農業施設等への被害にも注意してください。

東北北部の梅雨明けは?

画像C

この先一週間、東北南部は変わりやすい天気でしょう。日差しはあるものの、夕立が起こりやすくなりそうです。
26日(火)〜27日(水)は南から暖かく湿った空気が流れ込むため、福島県を中心に雷を伴って雨脚の強まる所がありそうです。
一方、東北北部は日本海側を中心に晴れる日が多い見込みです。天気の大きな崩れはない見通しですので、早ければ来週前半にも梅雨明けとなる可能性があります。

最高気温は平年並みか高いでしょう。福島市では熱帯夜となる日もあるため、夜間も熱中症に注意が必要です。寝ている間にも水分が失われるため、就寝前や起床時にはコップ1杯程度の水分を補給するようにしましょう。無理をせずにエアコンを使用することも重要です。