あす23日土曜は、二十四節気の「大暑」で「土用丑の日」です。暦通り、関東から西では暑さが厳しく、ポイントは、猛暑日エリアが東へ移るということです。熱中症情報は「危険」や「厳重警戒」の所が多いので、うなぎを食べて、スタミナをつけるのも良いでしょう。

23日土曜の最高気温 35℃くらいの所も

画像A

あす23日土曜は、二十四節気の「大暑」で、暦の上では、一年で最も暑い頃です。

暦通り、沖縄や九州〜関東では、日中は厳しい暑さとなるでしょう。真夏日の続く所が多く、最高気温は33℃くらいの予想です。晴れる所では、日差しの暑さがジリジリと感じられるでしょう。

そして、ポイントは「関東甲信を中心に、特に暑くなること」です。

22日金曜は、三重県桑名市で「猛暑日(最高気温35℃以上)」になり、高知市で今年1番の暑さになるなど、東海から西を中心に、猛烈な暑さとなりました。ただ、23日土曜は、暑さの中心が、関東甲信へ移るでしょう。

23日土曜の最高気温は、埼玉県熊谷市など、関東甲信の内陸部では、35℃くらいまで上がる所もありそうです。東京都心や前橋市は34℃と、「猛暑日」一歩手前の暑さでしょう。

また、23日土曜は「大暑」だけでなく、「土用の丑の日」でもあります。栄養バランスの取れた、スタミナのある食事で、暑さを乗り切るのも良さそうです。

熱中症情報は「危険」や「厳重警戒」 おススメの熱中症対策グッズ

画像B

23日土曜の熱中症情報を見ますと、東京都心や福岡市、鹿児島市、那覇市は、一番上のレベルの「危険」となっています。また、名古屋市や大阪市、高知市、広島市は「厳重警戒」です。

夏休みに入って初めての週末ということで、外で過ごす時間が増える時期です。屋外のレジャーは、熱中症対策グッズを用意するなど、できるだけ暑さ対策を心がけてください。

また、屋内でも無理は禁物です。暑さを我慢せず、エアコンを使って、室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節してください。

熱中症の応急処置

画像C

熱中症は、できるだけ予防したいものですが、万が一、症状が疑われる場合に備えて、次のような応急処置を、憶えておいてください。

まずは、涼しい場所へ移動しましょう。冷房の効いた部屋や、屋外では風通しのよい日陰で、できるだけ早く、体を冷やしてください。

衣服を緩めて、体から熱を逃がしましょう。体温を下げるためには、冷やした水のペットボトル、氷枕などを使って、両側の首筋や、わきの下、足の付け根を冷やすと効果的に体温を下げることができます。

水分と塩分を補給しましょう。冷たい水を、自分で持って飲んでもらうと、体にこもった熱を奪うだけでなく、水分補給もできます。また、経口補水液やスポーツドリンクを飲めば、汗で失われた塩分も適切に補えます。

ただ、吐き気を訴えたり、意識がなかったりするなど、自分で水分を摂ることができない場合は、口から水分を補給するのは禁物です。すぐに病院へ運んでください。