関東では、22日金曜夜にかけて、北部で局地的に「滝のような雨」が降るでしょう。低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意・警戒が必要です。23日土曜の午後も、北部を中心に、雨雲や雷雲が発達する可能性が高くなっていますので、天気の急変に、ご注意ください。

22日金曜夜 北部の内陸部を中心に「非常に激しい雨」の所も

画像A

22日金曜の関東は、午後は南部を中心に、日差しが出ましたが、北部では、午後もあちらこちらで雨が降りました。

雨雲レーダーを見ますと、17時現在、茨城県で局地的に雨雲がかかっています。

ただ、夜にかけては、まだ大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。北部の内陸部を中心に、雨雲が発達しやすくなりそうです。局地的には雷を伴った「激しい雨」や「非常に激しい雨」が降り、大雨となるおそれがあります。

「非常に激しい雨」とは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

低い土地の浸水や河川の増水、土砂災害に注意・警戒が必要です。また、雨雲が予想以上に発達した場合は、警報級の大雨となる可能性がありますので、十分お気をつけください。

23日土曜 晴れマークでも 急な雨や雷雨のおそれ

画像B

そして、関東では、23日土曜も、北部を中心に、大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。

原因は「上空の寒気」と「日中の暑さ」です。特に、午後は暑さが厳しくなるため、上空と地上付近の「気温差」が大きくなり、雨雲や雷雲が発達しやすくなるでしょう。

一番上の図は、発雷確率で、黄色→オレンジ→赤→ピンクと、色が変わるにつれて、雷雲が発達しやすくなることを表しています。栃木県を中心に、発雷確率が高く予想されています。

夏休み最初の週末で、外のレジャーを予定している方もいらっしゃると思いますが、落雷や竜巻などの突風、ひょう、急な激しい雨など、天気の急な変化に注意が必要です。

晴れマークの所でも、油断しないで、空模様の変化に、お気をつけください。

雷雲が近づくサイン その時どうする?

画像C

外にいる時、雷雲が近づいているかどうか、誰にでも簡単にわかる方法があります。雷雲が近づくサインは3つ。「真っ黒い雲が近づく」「ゴロゴロと雷の音が聞こえる」「急に冷たい風が吹く」です。このような変化を感じたら、まもなく激しい雨が降ったり、雷が鳴ったりする恐れがありますので、すぐに安全な所へ避難してください。

雷雲が近づく時、避難する場所は、近くのしっかりした建物や、車の中が良いでしょう。木の下での雨宿りは、木に落ちた雷が人に飛び移ることがあるので、危険です。万が一、周囲に避難する場所がない時は、両足をそろえて、頭を下げてしゃがみ、両手で耳をふさぎましょう。

単独の雷雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。スマホなどで雨雲レーダーをチェックするなど、最新の情報を確認しながら、安全な場所で雷雲が過ぎるのを待ちましょう。