強い日差しと南からの暖かい空気の影響で、関東の内陸部では猛烈な暑さとなっています。栃木県佐野市では午後1時までに最高気温37.2℃を記録。この後は関東の内陸部を中心に猛暑日のエリアが拡大する見込みで、熱中症には厳重な警戒が必要です。

関東の内陸部で猛暑日

きょう23日は、強い日差しと南からの暖かい空気の影響で、関東の内陸部では猛暑日となっている所があります。午後1時までの最高気温は、栃木県佐野市で37.2℃、埼玉県熊谷市で36.1℃、茨城県古河市で35.7℃などとなっています。

この後は更に猛暑日の数が増える見込みです。更に湿度も高いので、熱中症のリスクが高まります。屋外でも室内でもしっかり暑さ対策をしてください。

熱中症の危険性大

画像B

きょう23日の熱中症情報を見ると、関東の各地で「危険」もしくは「厳重警戒」となっています。熱中症を予防するためには早めの対策が必要です。ポイントは「暑さ」そして「喉の渇き」を感じる前に対策をとることです。

暑さを感じなくても、熱中症の危険度が高いときは、冷房を使うなど部屋をなるべく涼しくしてください。知らず知らずのうちに体に熱がこもってしまうことを防ぎましょう。

また、喉が渇く前から定期的に水分をとることで、熱中症の予防につながります。入浴後や起床後などもしっかり水分をとりましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。