この先も変わりやすい天気が続き、夏空は長続きしないでしょう。7月最後の週は日本の南に発生する、熱帯低気圧の動きに注意が必要です。熱帯由来の暖かく湿った空気が流れ込み、関東から近畿の太平洋側で大雨になる恐れもあります。一年で最も暑い時期に入りますので、熱中症には引き続き警戒してください。

1週目:25日〜31日 熱帯低気圧の動きに注意

画像A

あす25日(月)は、晴れる所が多いでしょう。札幌と仙台も雲は多めですが、晴れ間の出る時間はありそうです。福岡の雨は昼ごろまでで、午後は天気が回復に向かいそうです。

26日(火)以降は、スッキリしない天気が続くでしょう。本来は梅雨が明けたこの時期は、夏の高気圧である太平洋高気圧に日本付近は広く覆われますが、今年はまだしっかりと覆われていません。そのため、湿った空気や気圧の谷の影響を受けやすくなっています。

また、きょう24日(日)の夜までに小笠原諸島周辺に、台風の卵である「熱帯低気圧」が発生する予想になっています。この「熱帯低気圧」は北上を続け、26日(火)の夜から27日(水)ごろに近畿から東海付近に近づく可能性もあります。今の所、台風まで発達する予想にはなっていませんが、熱帯由来の暖かく湿った空気が西日本から東日本の太平洋側を中心に、流れ込むでしょう。さらに、日本の東に中心を持つ太平洋高気圧の縁辺から湿った空気も流れ込むため、関東〜近畿にかけての沿岸部や風の影響を受けやすい山沿いなどは、大雨になる恐れもあります。海上も波が高くなりそうです。夏休みに入り、山や海にお出かけを予定されている方もいると思いますが、最新の情報をご確認ください。

最高気温は、30℃以上の日が広い範囲で続きます。湿度も高く、蒸し暑くなるでしょう。日差しの出る時間が長い日は35℃近くまで上がりそうです。例年ですと、これから8月前半が一年で最も暑い時期です。連日の暑さで、体力も落ちてしまいますが、熱中症対策は、引き続き万全にしてお過ごしください。

2週目:8月1月〜6日 スッキリしない天気続く 北日本も暑い

画像B

8月に入ってもスッキリしない天気が続きそうです。1日(月)と2日(火)は、湿った空気や気圧の谷の影響が続き、全国的に雨の降る所が多いでしょう。

3日(水)以降は、太平洋高気圧の勢力が高まりそうです。東北から九州、南西諸島は、雲は多いものの、日差しは届きそうです。北海道は、湿った空気と気圧の谷の通り道になるため、雨の降る日が多くなるでしょう。また、危険な暑さが続きそうです。東日本と西日本を中心に35℃以上の猛暑日の所が多くなるでしょう。北海道も平年を上回る30℃前後まで上がる予想です。最低気温も広い範囲で25℃以上の熱帯夜が続き、東京から福岡、那覇にかけては、30℃近い日もあります。夜でも熱中症の危険が高い暑さとなりそうです。冷房を適切に使用したり、寝る直前の水分補給などの対策をとるようにしましょう。

大雨 土砂災害から身を守るための情報

画像C

熱帯低気圧が近づくにつれて、大雨のもとになる「暖かく湿った空気」が流れ込むので、雨が続いて、土砂災害が発生する恐れがあります。土砂災害から身を守るには、次の2つの情報をチェックするのが、おススメです。

1つめは、住んでいる場所(今いる場所)が、土砂災害が発生しやすいかどうか、確認することです。都道府県や国土交通省のホームページを見て、「土砂災害警戒区域」や「土砂災害危険個所」となっていれば、土砂災害の恐れがあります。ただ、土砂災害警戒区域でなくても、近くに「がけ」がある所は、注意が必要です。

2つめは、雨の情報を確認することです。パソコンやスマホで、雨雲レーダーを見ると、雨雲の様子を確認できますし、気象庁のホームページなどでは、「どれくらい雨が降ったか」という情報だけでなく、「土砂災害警戒情報」が発表されている所もわかります。土砂災害警戒情報が発表されたら、自治体からの避難指示の発令に特に注意しながら、安全な所へ避難してください。